2017年9月1日金曜日

太田輝、入口裕貴、富岡樹ら日本ランキング入り

 JBC(日本ボクシングコミッション)は8月31日付で最新の日本ランキングを作成した。今月はS・フェザー級尾川堅一(帝拳)とライト級西谷和宏(VADY)がタイトルを返上し、両階級の王座は空位となった。

 どちらの階級も「最強挑戦者決定戦」のカードがそのまま新チャンピオン決定戦に昇格する。S・フェザー級は末吉大(帝拳)vs高畑里望(ドリーム)、ライト級は吉野修一郎(三迫)vsスパイシー松下(セレス)の組み合わせ。

 タイトルを守ったチャンピオンはL・フライ級久田哲也(ハラダ)、バンタム級赤穂亮(横浜光)、S・バンタム級久我勇作(ワタナベ)、S・ウェルター級井上岳志(ワールドS)で、いずれも初防衛。

 新たにランキング入りしたのは、L・フライ級矢島大樹(松田)、フライ級13位太田輝(五代)、バンタム級12位入口裕貴(エスペランサ)、S・フェザー級8位富岡樹(REBOOT)、同15位三瓶数馬(協栄)、S・ライト級15位平岡アンディ(大橋)。

 ほか、日本ユース王座決定戦で勝利した山下賢哉(白井・具志堅S)はS・フライ級に転向。ランキングから外れたのはバンタム級高橋竜平(横浜光)、S・フェザー級松下拳斗(千里馬神戸)ら。S・ウェルター級の元王者細川貴之(六島)も引退により名前が消えた。