2017年9月13日水曜日

井上出場の「SUPER FLY」メキシコで1200万人視聴

 先週土曜日9日(日本時間10日)米カーソンのスタブハブ・センターで行われたS・フライ級トリプルヘッダーのメキシコのテレビ視聴者数が発表された。今回このイベントは先に放送を決定したTVアステカに続き、先月のメイウェザーvsマクレガー戦同様、ライバル局のテレビサも放映した。

 メキシコでは日本の視聴率、アメリカの視聴件数と異なり、視聴者の数を発表する形式をとっている。それによると、TVアステカで観戦した人はメキシコ全土で670万人、テレビサは544万人が視聴。合わせて1214万人が観戦した。これは総人口の約10人に1人が見たことになる。

 2局とも地上波で放送し、同国のフアン・フランシスコ・エストラーダvsカルロス・クアドラスが熱戦になったことも高数字をあげた理由と思われる。

カネロvsゴロフキンは3000万人超の期待

 ちなみに2週間前のメイウェザーvsマクレガーは1220万人が観戦したといわれ、それにはわずかに及ばなかった。今週末のゲンナジー・ゴロフキンvsカネロ・アルバレスもTVアステカとテレビサ両局が放送予定。こちらは3000万人を超える視聴者が期待されている。