2013年8月9日金曜日

八重樫、リーチ11センチ劣る ダブル世界戦予備検診

 8月12日に大田区総合体育館で行われるダブル世界タイトルマッチの予備検診が9日、都内で行われ、試合に出場するWBC世界バンタム級王者の山中慎介(帝拳)と挑戦者ホセ・ニエベス(プエルトリコ)、同世界フライ級王者の八重樫東(大橋)と挑戦者オスカル・ブランケット(メキシコ)の4選手が顔をそろえた。

体格差が明らかになった八重樫とブランケット

 初防衛戦を迎える八重樫は身長で4センチ、リーチで11センチ劣っていることが判明。八重樫は「フライ級に上げたので体格差はついてくるもの。まったく気にしていない」とリーチ差は織り込み済みといった様子。ブランケットは「(検診の)数字において私がすべて優れていた。月曜日は私がチャンピオンになる姿をみなさんにお見せする」とご機嫌だった。

    八重樫 ブランケット
身長  162cm  166cm
首回り 37㎝     36.5cm
胸囲  85cm      86cm
リーチ 161cm   172cm

 4度目の防衛戦を迎える山中には貫録が漂っていた。「身長は思ったよりも少し低い。全体的に体が小さく感じた」とはニエベスの印象。一方、チャンピオンの印象を問われたニエベスは「印象はとくにない。私は山中と友情を温めにきたわけではない」とこの日は素っ気なかった。

        山中    ニエベス
身長  170.5cm 166.5cm
首回り 36㎝      34cm
胸囲  82cm     83cm
リーチ 172cm   168cm

検診で笑顔を見せる山中とニエベス