2018年3月13日火曜日

4.30辰吉寿以輝が8戦目、年内の日本ランク入り目標

 大阪帝拳は13日、元世界王者の辰吉丈一郎の二男でデビュー以来7連勝5KOをマークしているS・バンタム級の寿以輝(20)の8戦目を4月30日、大阪市のエディオンアリーナ大阪第2競技場で行うと発表した。辰吉は昨年12月24日、1年2ヵ月ぶりの復帰戦をKO勝ちしており2度目の8回戦。

 対戦相手は33戦10勝4KO22敗1分のベテラン、石橋俊(30=仲里)。石橋との試合は昨年2月に組まれていたが、辰吉が練習中に左肋骨痛めて試合をキャンセルしていた。

 辰吉は今年正月明けからジムワークを続けており、ジャブと足の運びを重点的に練習している。ただ問題はウエート。「暮れの試合後からひたすら食べてばかりでした」と言うように現在はリミットを約10キロオーバー。「これから絞っていかないとやばい」と苦笑した。

 目標は年内の日本ランキング入りで、吉井寛・大阪帝拳ジム会長は「今回は日本ランカーと戦わせたかった。次の試合はランカーと戦い、ステップアップを図っていきたい」と成長に期待を寄せる。

「キャリアがある相手のペースに巻き込まれないように、足を止めず、左で打ち勝ってKOしたい。今年は全試合KOでいきます」と辰吉は意気込みを語った。