2018年10月11日木曜日

勅使河原が5回KO勝ち OPBF・S・バンタム級新王者

 OPBF・S・バンタム級王座決定戦が11日、後楽園ホールで決める「ダイヤモンドグローブ」のセミで行われ、同級5位の勅使河原弘晶(輪島功一S)が同9位グレン・サミンギット(比)に5回1分10秒KO勝ち。WBOアジアパシフィック・バンタム級王座に次ぐベルトを獲得した。決定戦は前王者、大竹秀典(金子)の王座返上によるもの。

 試合は初回から動いた。サウスポーのサミンギットに圧力をかける勅使河原はラウンド後半、左を外して右を打ち下ろすと、サミンギットがゆっくりとダウン。これは効いたかに見えたが、比人は立ち上がると反撃に出るガッツを見せた。

 体格とパワーで上回る勅使河原はその後も距離をキープしながら、ジャブ、右を突き刺し、サミンギットが左を打ち込むと、その打ち終わりを狙った。3回終了間際には右フックで2度目のダウンをゲット。4回終了時の採点は40-34×3で勅使河原がリードした。

 サミンギットはよく粘り、一発逆転の左を振り回し続けたが、勅使河原優勢に変化なし。5回に勅使河原の右アッパーが炸裂すると、サミンギットは起き上がれなかった。

 勅使河原は18勝11KO2敗2分。「パワーはバンタムよりついている。この階級がベスト階級なので、S・バンタム級で世界チャンピオンになります!」とあいさつした。サミンギットは21勝11KO3敗。

◇日本ユース・バンタム級王座決定戦
荒木哲(斉藤)[3-0(77-75、78-75、78-74)]大湾硫斗(白井・具志堅S

 リーチに勝る大湾がジャブ、右アッパーで先制。中盤は日本バンタム級18位の荒木が右を決めて試合は接戦となった。互いに見せ場を作れないまま終盤抜け出したのは荒木。一発の威力はないものの、7、8回と大湾のボディを攻めて突き放した。荒木は12勝2KO1敗1分。大湾はプロ初黒星で5勝3KO1敗。

◇ライト級8回戦
高見良祐(鴻巣茂野)[3-0(79-73、78-75、77-76)]ヘス・ハン(ロシア)

 長身のハンはジャブとフットワークで距離を取り、右を打ち下ろすスタイル。体をひねりながらスウェイでパンチを外すのも巧みだ。初回にハンの右が決まった。日本ライト級10位の高見はボディから崩しを試み、3回に左フックでハンにダメージを与えた。

 中盤に入るハンの足が止まり出し、6回には高見がハンに猛攻。高見は終盤よく攻めたが、ハンがカウンターで最後まで抵抗し、KOはならなかった。高見は13勝11KO2敗。ハンは5勝1KO2敗1分。

◇S・ライト級8回戦
小林孝彦(TEAM10COUNT)[TKO1回2分50秒]高橋克俊(Reason押上)