2019年4月11日木曜日

吉野修一郎が圧巻の4連続KO防衛 日本ライト級戦

 日本ライト級タイトルマッチが11日、後楽園ホール「ダイヤモンドグローブ」のメインで行われ、王者の吉野修一郎(三迫)が指名挑戦者のアクセル住吉(関門JAPAN)に7回2分12秒TKO勝ち。4度目の防衛に成功した。試合の模様は13日(土)26時からフジテレビで放映される。

最後は逆ワンツーでタフな住吉を倒した

 アマ104勝20敗、プロ入り後も無敗の吉野が“関門のトラフグ”住吉を迎えた。吉野はフットワークとカバーリングで住吉の攻撃をかわしながらジャブで距離をコントロールし、徐々に右、左ボディにつなげていく。

 3回に入ると、吉野はジャブに加えて力強い右ストレート、左フックを次々に打ち込み、4回もボディ打ちも織り交ぜて攻め立てた。住吉は果敢に打ち返し、カウンターのボディ打ちなども駆使してベルトへの執念を見せるももの、顔の腫れはひどく、試合は完全に王者ペース。5回終了時の採点は48-47、49-46、50-45で吉野がリードした。

「次のステージにいきたい」と吉野。OPBFも一つのターゲットだ

 吉野は6回、勝負を決めに出て住吉に襲い掛かった。吉野の強打を被弾し続ける住吉はガッツを見せたが、7回に右ストレートからの左を食らってダウンしたところでストップとなった。

 吉野は10勝8KO。15年4月、OPBFタイトルマッチで中谷正義(井岡)に敗れて以来の黒星となった住吉は11勝3KO5敗3分。

吉野の話「相手はランク1位ですごく気合いが入っていた。そのおかげで僕も強くなれたと思う。そろそろ違うステージにいきたい。OPBF王者の中谷選手? 日本ではライト級で一番だと思うので、やってみたい気持ちはある。統一戦としてやったら面白いと思います」

塚田の粘りにあいながら再起戦を飾った永田(左)

◇S・ライト級8回戦
永田大士(三迫)[3-0(80-72、79-72、78-74)]塚田祐介(角海老宝石)
 日本S・ライト級6位のサウスポー永田は昨年10月、OPBF同級王者の内藤律樹(E&Jカシアス)に善戦しながら敗れて以来のリング。長身の元ランカー塚田に対し、初回から鋭く踏み込んで左と右フックを打ち込んだ。

 試合をコントロールする永田は5回、左を立て続けに決めると、塚田は尻もちをつくダウン。勝負あったかに見えたが、永田はここで仕留められず、塚田に最後まで粘られた。永田は12勝5KO2敗1分。最終回に右を当てて盛り上げた塚田は9勝3KO7敗。

川崎(左)は終盤追い上げられたが逃げ切った

◇ウェルター級8回戦
川崎真琴(RK蒲田)[2-1(78-75、77-76、75-78)]出田裕一(三迫)
 日本ウェルター級10位の川崎は出入りのボクシングで左フック、右ストレートを断続的に決めて優位に立った。しかし中盤から元ランカーの出田が追い上げ、距離を詰めてショートパンチで川崎に迫ったのの、惜しくも届かなかった。川崎は11勝2KO7敗1分。10連敗の出田は13勝7KO14敗1分。

ホープの芝はパワーの差を見せつけて2回TKO勝ち

◇日本ユースL・フライ級予選6回戦
芝力人(RK蒲田)[TKO2回53秒]佐宗緋月(T&T
 近大出身の芝のパワーが炸裂。2回に打ち合いを仕掛けて右をねじ込むと佐宗がグシャリ。さらにダウンを食わせてフィニッシュした。王座決定戦で佐藤剛(角海老宝石)と対戦が決まった芝は3勝2KO。佐宗は10勝3KO6敗1分。

◇日本ユースS・バンタム級予選6回戦
野村健太(仲里)[KO2回1分22秒]飯見嵐(ワタナベ)
 長身の野村が初回からジャブを決め、2回に右アッパーから左フックのコンビネーションで飯見をキャンバス送り。さらに右ストレートでダウンを奪ったところでタオルが投入された。野村は6勝3KO2敗。飯見は7勝7KO2敗。

◇ライト級6回戦
松本北斗(REBOOT)[3-0(58-56×2、59-56)]龍神佳輝(ワタナベ)