2013年10月6日日曜日

クイッグがドロー防衛、WBA・S・バンタム級戦

 イギリスのO2アリーナで5日(日本時間6日)行われたWBA世界S・バンタム級タイトルマッチは、レギュラー王者のスコット・クイッグ(英)が同級2位のヨアンドリス・サリナス(キューバ)と1-0のドロー。辛くも初防衛に成功した。

 試合はサリナスのペースで進み、クイッグが徐々にペースアップするという構図。拮抗したラウンドが多かったが、終盤に追い上げたクイッグが何とかドローに持ち込んだ。スコアは114-114が2者に1者が115-113でクイッグを支持した。クイッグは26勝19KO2分、サリナスは20勝13KO2分で、ともに無敗のまま。

 クイッグは昨年11月、西岡利晃に挑戦経験のあるレンドール・ムンロー(英)に勝って暫定タイトルを獲得。今回の試合は「正規王座決定戦」とアナウンスされていたが、試合前に発表された最新ランキングで、クイッグがいきなりレギュラー王者に昇格。初防衛戦という扱いになった。このクラスは正規王者の上に統一王者ギジェルモ・リゴンドウ(キューバ)が君臨している。

 また同じリングでは、ロンドン五輪スーパーヘビー級金メダリストのアンソニー・ジョシュア(英)がプロデビュー。エマヌエル・レオ(イタリア)に初回KO勝ちを収めた。