2019年10月30日水曜日

カネロがプライベートジェットでラスベガス入り 
コバレフとの2階級越えビッグマッチ迫る

 今週土曜日2日ラスベガスで対戦するサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)とセルゲイ・コバレフ(ロシア)が29日、会場となるMGMグランド・リゾート&カジノに到着した。試合はコバレフの保持するWBO・L・ヘビー級王座が争われ、ミドル級王者のカネロは2階級アップの冒険マッチとなる。

挑戦者の立場ながら“主役”のカネロ

 プライベート・ジェットでラスベガス入りしたカネロは「4階級制覇がかかる私にとって重要な試合。今までとウエート、トレーニングなどすべてが違う。その成果を披露するために11月2日が待ちきれない」と階級越えに意欲満々。同時に幼い娘を抱いてジェットのタラップを降りるなどリラックスした雰囲気を感じさせた。

コバレフは「これは私の階級」とコメント

 一方コバレフは「カネロは本当のファイターだけど、これは私の階級。プロデビューから私はこのウエートで戦っている。土曜日はファンを悲しませたいと思っている。ブーイングは大いに歓迎。試合の後みんな私にサインを求めてくるだろう」とビッグネーム狩りを目指す。

スター候補のライアン・ガルシア(左)

 セミ格に登場する“ゴールデンボーイ2世”ライト級のライアン・ガルシア(米)はニックネームの“キング”をあしらった自身のブランドのジャケットを着て入場。9月に一度、対戦をオファーされたロメロ・デュノ(フィリピン)を相手に仕切り直しの一戦に臨む。Photos : Hoganphotos/Golden Boy


-->