0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2013年10月29日火曜日

カネロがGBPと再合体 来年3試合を約束

 前S・ウェルター級統一王者サウル“カネロ”アルバレスが28日(日本時間29日)ロサンゼルスのゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)のオフィスで同社のリチャード・シェファー最高経営責任者と会談。今後もGBPのプロモーションの下でリングに上がることを確認し、来年の試合プランを発表した。

今後のプランについて話し合うカネロ(右)

 それによると2014年、カネロのリング登場は3月8日、7月26日、11月22日の3回。3試合ともPPVによって全米へ放映される。9月のフロイド・メイウェザー戦で歴代2位の220万件のPPV契約数を記録したカネロ。「メイウェザーに次ぐビッグネームはカネロであることが明らかになった」と語るシェーファー氏は強気の姿勢でカネロをサポートして行く方針だ。

 3月8日の試合には3人の対戦候補者の名前があがる。セルヒオ・マルティネス(WBCミドル級王者)、ミゲール・コット(3階級制覇王者)、カルロス・モリナ(IBF・S・ウェルター級王者)の面々。会場はロサンゼルス、ラスベガス、サンアントニオが候補。「数週間のうちに発表されるだろう」とカネロはツイッターで発信している。Photo/BoxingScene.com