0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2013年11月13日水曜日

長谷川が木村の引退式でスパー 12.3後楽園ホール

長谷川穂積(ボクシングニュース)

長谷川穂積

 元2階級制覇王者の長谷川穂積(真正)が12月3日に後楽園ホールで行われる花形ジムの興行で、元日本S・バンタム級チャンピオン木村章司の引退スパーリングの相手を務めることになった。

 12月3日の興行では、長年花形ジムを引っ張ってきた木村と、元日本S・フライ級王者菊井徹平の引退式がそろって行われる。木村は昨年5月、WBA世界フェザー級“スーパー”王者クリス・ジョン(インドネシア)に敗れて引退を決意した。ジョンに勝ったあと、リスペクトするWBC同級王者(当時)長谷川に挑戦するという夢を持っていたことから、引退式でのスパーリングを長谷川に要請。長谷川が快諾して今回のスパーが実現した。

木村章司(ボクシングニュース)

木村章司

 関西を本拠地とする長谷川は意外にも後楽園ホールで試合をしたことがない。ホールではイベントでミット打ちを披露したことがある程度で、後楽園ホールで見られる長谷川は、スパーリングとはいえなかなか貴重な機会だ。

 なお、菊井のスパーリングの相手は同門だった元日本ランカーの立木正祥が務める。当日のメインイベントは花形冴美(花形)と黒木優子(YuKOフィットネス)による女子東洋太平洋ミニフライ級王座決定戦。引退式を含めた試合の模様はスカイA・sports+で放送される予定。