井上尚弥と対戦のロドリゲス キューバ合宿に出発

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBAチャンピオンの井上尚弥...
>>続きを読む

ロマチェンコ次戦4月に内定 ペドラサ戦は高視聴件数

 8日ニューヨークでWBO王者ホセ・ペドラサ(プエルトリコ)に終盤2度ダウンを奪って大差の判定勝ち。...
>>続きを読む

前王者サンダース復帰 HBO最終回は38万件視聴

■前WBOミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(英)が今月22日マンチェスターで1年ぶりに復帰する...
>>続きを読む

越川孝紀が元OPBF王者に勝利 タイトル挑戦に意欲

「ザ・グレイテストボクシング」が12日、後楽園ホールで行われ、メインのS・ウェルター級8回戦は、日本...
>>続きを読む

井上尚弥と対戦のロドリゲス キューバ合宿に出発
ロマチェンコ次戦4月に内定 ペドラサ戦は高視聴件数
前王者サンダース復帰 HBO最終回は38万件視聴
越川孝紀が元OPBF王者に勝利 タイトル挑戦に意欲

excite_650x150

excite_650x150

2018年12月5日水曜日

大学院生の坂本真宏 12.31マカオで世界初挑戦

 大学院生プロボクサーのWBOアジアパシフック・フライ級王者でIBF15位の坂本真宏(六島)が31日、マカオでIBF世界同級王者モルティ・ムザラネ(36=南アフリカ)に挑戦することが正式に決まり、六島ジムの枝川孝会長が5日、発表した。

 大阪市立大大学院工学研究科に在籍の坂本は酸化チタンの光触媒の研究を続けており、現役国公立大学生が世界に挑戦するのは史上初めて。

大みそかマカオはトリプル世界戦

 大みそか当日、現地では4階級制覇を目指す井岡一翔がWBO世界S・フライ級王座決定戦でドニー・ニエテス(フィリピン)対戦、2階級制覇にかける京口紘人(ワタナベ)がWBA世界フライ級スーパー王者、ヘッキー・ブドラー(南アフリカ)挑むことが決まっており、トリプル世界戦となった。

 大阪・堺市出身の坂本は大阪市大入学後、ボクシング部に入部。2年生から関西学生リーグの3部の試合に出場。堺市のアマのフィリアジムでアルバイトのトレーナーを勤めながら練習。2014年の4年生時には同リーグ2、3部トーナメント優勝、大阪府大会優勝を果たした。

現役国立大学生初の世界挑戦

 同年秋の大学院入試に失敗したのを機会にスパーリング練習をしていた六島ジムから12月にプロデビュー。翌15年は大学院に合格とともに全日本フライ級新人王を獲得、敢闘賞に輝いた。

 13勝9KO1敗の戦績で、唯一の黒星は16年11月、WBOアジアパシフック王座決定戦で木村翔(青木)に0-2の判定負け。接戦した木村が17年7月、中国でWBO世界フライ級王座を獲得。木村戦後は大学院での研究を続け、企業への就職が決まっていたが、「世界にチャレンジしたい」と就職を断り、現役を続行していた。

 大阪市住吉区の大阪市大学生サポートセンターで行われた会見には荒川哲男同大学長も出席。「大阪市大は文武両道の伝統があり、坂本選手の闘志に、OBあげて協力・支援を約束してくれている。必ず勝って、来年は大学体育館で防衛戦を開いてもらいたい」と熱いエール。  

 学生服姿で会見に臨んだ坂本は「大学でボクシングを始めたときは世界戦は思ってもみなかったが、プロになって応援していただくみなさんの熱い思いを背負ってがんばってこれた。世界チャンピオンを殴り倒してきます」を意気込みを語った。11月中は坂道ダッシュを繰り返して、下半身強化に専念してきたという。

古豪ムラザネ攻略に「攻め込んでいけばチャンス」

 王者のムザラネは36勝24KO2敗。現WBOバンタム級王者、ゾラニ・テテ(南アフリカ)を倒すなどIBF世界フライ級王座を4度防衛。今年7月に王座返り咲きを果たしている古豪だ。

 六島ジムの枝川孝会長は「7月の試合は現地のフィリピンで観戦したが、小柄でガードの固い選手だ。ただ、打たれ弱いところがあるので、坂本にも攻め込んでいけばチャンスはある。経費はかかるが、大学も応援していただくので総力戦でタイトルを獲りにいく」とWBA世界S・フライ級王者、名城信男に続くジム2人目の世界王者誕生に力が入った。



2018年12月5日水曜日

1.26井上岳志がアメリカで世界初挑戦
無敗のWBO・S・ウェルター級王者ムンギアに挑む

 ワールドスポーツジムは5日、東京・水道橋の後楽園飯店で会見を開き、所属の井上岳志(29歳)が来年1月26日(日本時間27日)に米国でWBO世界S・ウェルター級チャンピオン、ハイメ・ムンギア(メキシコ)に挑むことを発表した。試合地はヒューストンで内定しているが、会場は未定。

 今年4月に野中悠樹(井岡弘樹)を破りIBF2位に浮上した井上は当初1位ジュリアン・ウィリアムス(米)とのIBF挑戦者決定戦を交渉していたが、これが決まっては延期を繰り返すうち、WBOからムンギア戦の声がかかった。

 正式に決定したのは11月上旬というが、「ずっと世界の強者と戦うつもりで練習を続けてきたので(標的変更の)動揺はなかった」と井上は言う。

王者は31勝26KOのハードパンチャー

 王者ムンギア(22歳)はGBPが期待するメキシコの新スター候補。ここまで31戦全勝26KOと無敗街道をばく進しており、今年5月にサダム・アリ(米)を4回TKOで破って世界タイトルを獲るや、2ヵ月間隔でV2を果たしている。

 井上の担当トレーナーでもある齊田竜也会長も「パンチがあって荒々しい選手」と評するように、戦績そのままの高い攻撃力を誇るチャンピオンだ。 「ワクワクする気持ちが強い」と夢の舞台に胸を躍らせる井上は、当然ながら勝つ気満々。

井上「いままでの挑戦者は近づき方が甘い」

「ムンギア選手の過去の相手は近づこうとしてアッパーを食らい、KOに持ち込まれていますが、僕からすれば近づき方が甘い」と自信をうかがわせている。 井上もインファイトは得意で、相手に密着してスタミナを奪う戦い方は齊田会長直々に「ジョロウグモ」と異名?をつけるほどだ。

 アマで55戦を戦い、プロ転向後は14戦無敗(13勝7KO1分)でたどり着いた世界戦。相手は強豪だが、「プロのS・ウェルター級でやると決めた時点でバケモノしかいない階級だと分かっていました。この階級の世界タイトルマッチはそういう(王者が強豪ぞろいの)ものだと認識していましたから」と井上は平然としている。

 これから本番まで特にキャンプ・トレーニングは行わず、フィジカル面強化の練習とジムワーク、実戦練習で打倒ムンギアに備えるつもりだ。「期待してください」と井上は言葉に力をこめた。



2018年12月4日火曜日

王座陥落の村田諒太が現役続行を表明
ブラント戦「あのボクシングが最後でいいのか」

 前WBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太(帝拳)が4日、都内のジムで記者会見し、現役続行を表明した。再起戦の日程など今後のスケジュールは未定。

 2012年ロンドン五輪金メダリストからプロデビュー、昨年10月に世界王者となった村田は10月20日、米ラスベガスで行われたV2戦でロブ・ブラント(米)に敗れて王座陥落し、進退が注目されていた。

 村田は冒頭「人生を振り返ったときに、あのボクシングが自分の集大成でいいのかと考えたとき、あのボクシングで終えたくないと思った」と現役続行の理由を説明。

 さらに「少しハングリーさだったり、求めるものが欠如していたのかなというのもあります。そのあたりの気持ちを作り直して、もう一度世界の舞台に立てるようなボクサーになりたい」と続けた。

 完敗に終わったブラント戦については「一撃がなかった。ただ前に出て追いかけてちょろちょろパンチを打つだけ」「バーンと当たって倒せるようなパンチを打っていない。反省するところだらけ」と振り返り、今後は「村田の試合は一発あたったら面白い、というワクワクするような試合を提供したい」と決意を述べた。

 それほど驚きなく受け入れられる現役続行表明だが、村田によると、試合が終わった当初は「98%くらい、ほぼほぼやめるつもりだった」。大事な試合で力を発揮できなかった自分を情けなく思い、人から常に見られ、期待されることのプレッシャーにも大きなストレスを感じていた。

 しかし、さまざまなプレッシャーと戦っている人たちとの会話を通して「自分ばかりすごいプレッシャーを受けていると思ったら大きな間違い。思い上がりがあった。人目を気にしてもしょうがない。自分が納得いくまでやろうと思った。自分の満足を追い求めていきたい」と気持ちを新たにしたという。

 いまのところ再起戦は不明。敗戦直後はブラントとリマッチという話もあったが、新たにトップランク社と契約したブラントは来年2月、エスキバ・ファルカン(ブラジル)と防衛戦を計画中。村田はブラントに対するこだわりを「まったくない」と言い切った。

 今後については「ミドル級で空いているタイトルがないなら必然的に上しかないということになるかもしれない」と話し、S・ミドル級にクラスを上げる可能性にも触れた。とはいえ階級アップありきではなく、あくまで「流れがきたら風に載っていきたい」というスタンス。まずは「人生最大かもしれない」という81キロまで増えた体を絞ることが再起の第一歩だ。



2018年12月4日火曜日

救急搬送の前王者スティーブンソン「容体は安定」

 先週1日カナダ・ケベックシティで行われたWBC・L・ヘビー級タイトルマッチでTKO負け後に意識を失い、救急搬送された前王者アドニス・スティーブンソン(ハイチ=カナダ)が、依然として集中治療室に入っているものの、容体は回復に向かっていることが分かった。

 入院先のケベック大学病院が発表したもので、「スティーブンソンは現在も集中治療室に入っており、人工的に鎮静状態に置かれている」そうで、依然として楽観はできないが、「容体は安定している」という。

 スティーブンソンは1日、挑戦者オレクサンドル・ゴズディク(ウクライナ)と対戦し、11回2分49秒、マイケル・グリフィン主審がスティーブンソンのTKO負けを宣告した。試合後しばらくして意識を失ったスティーブンソンは搬送先の病院で脳からの出血が確認され、治療を受けていた。  

 スティーブンソンは11回まで強敵ゴズディクの強打を食らい、ダメージを蓄積していたが、10回までの公式スコアは2-0でリードしており、主審はストップをかけにくかった、という見方もある。Photos:Amanda Westcott/SHOWTIME



2018年12月3日月曜日

清水聡が貫禄TKO勝ち OPBF王座V4で来年は世界へ

 OPBFフェザー級タイトルマッチが3日、後楽園ホール「第66回フェニックスバトル」のメインイベントで行われ、チャンピオンの清水聡(大橋)が挑戦者6位の上原拓哉(アポロ)に3回1分26秒TKO勝ち。4度目の防衛に成功するとともに、デビューから8連続KO勝利を飾った。

 無敗サウスポーという共通項はあったが、IBF3位、WBC6位にランクされるロンドン五輪銅メダリスト、清水は役者が違った。

 サークリングしながら様子をうかがう上原に対し、ジワジワとプレッシャーをかける清水は2回、強烈なワンツーで早くもダウンを奪う。この回、さらに2度目ダウンを追加し、あとはフィニッシュを待つだけとなった。

 3回、上原はなんとか反撃しようとしたが、清水が最後は右フック、左ストレートを決めると上原がキャンバスに落下。主審が試合を止めた。

 快勝の清水は「今日の内容は自分でもいいと思う。キレがあった。今までで一番よかったと思う」と納得の表情。大橋秀行会長は世界について「チャンスがあればいつでもいく」とゴーサインを出した。プロ初黒星を喫した上原は16勝10KO1敗。



Page 6 of 2,31945678