日本語

L O A D I N G

2023年2月9日 木曜日

那須川天心プロテスト合格 日本1位の南出仁相手にデモンストレーション 4月デビュー戦

 人気格闘家からボクシングに転向した那須川天心(24=帝拳)が9日、後楽園ホールでB級プロテストを受験。即日合格が発表され、4月のプロデビュー戦を目指すことになった。デビュー戦の模様はアマゾンのプライム・ビデオでライブ配信されることが決まっている。  格闘技のスター選手の新たな門出とあって、ホールに... 続きを読む

2023年2月9日 木曜日

ゴロフキンがIBFミドル級王座返上 今後のプランは未定

 WBAスーパー&IBFミドル級王座を保持するゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン=写真)がIBF王座を返上する。ESPNが報じた。  ESPNによると40歳のゴロフキンは現役続行の意思はあるものの、次の試合の計画についてまだ決断できていないとのこと。IBFからは指名挑戦者エスキバ・ファルカ... 続きを読む

2023年2月8日 水曜日

女子年間MVPはWBO・S・フライ級王者の晝田瑞希 年間最高試合賞とダブル受賞

 東西のメディアが選ぶ2022年の年間表彰選手女子部門ではWBO女子S・フライ級チャンピオンの晝田瑞希(三迫)が最優秀選手賞を初受賞した。世界タイトルを獲得した谷川佳菜子(ワタナベ)との王座決定戦は年間最高試合に選ばれた。  元トップアマから21年10月にプロデビューした晝田は22年12月、プロ4戦... 続きを読む

2023年2月8日 水曜日

年間最高試合はミドル級統一戦 村田諒太vs.ゴロフキン 努力・敢闘賞は阿部麗也 武居由樹が新鋭賞

 8日選考、発表の年間アワードには4月にさいたまスーパーアリーナで開催されたミドル級王座統一戦、WBA王者村田諒太(帝拳)とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の試合が選ばれた。  年間最高試合はほかにバンタム級3団体統一戦、井上尚弥vs.ノニト・ドネア2、L・フライ級2団体統一日本人対... 続きを読む

2023年2月8日 水曜日

2022年MVPは井上尚弥 史上最多の6度目受賞 技能賞は寺地拳四朗、殊勲賞は中谷潤人

 2022年の年間表彰選手が8日決まり、最優秀選手賞にはバンタム級で史上初の4団体統一を成し遂げた井上尚弥(大橋)が選ばれた。井上のMVP受賞は5年連続6度目。6度目の受賞は日本人初の世界王者の白井義男氏、V13王者の具志堅用高氏を抜いて歴代最多記録となった。井上は3年連続6度目のKO賞も受賞した。... 続きを読む

News

ニュース一覧

ニュース

内山が5月度MVP! 東日本協会選定

 8日、東日本ボクシング協会選定の5月度月間三賞が発表され、MVPには東洋太平洋S・フェザー級チャンピオン内山高志(ワタナベ)が選ばれた。内山は5月2日、世界ランカーのトーン・ポー・チョークチャイ(WBC6位=タイ)を5回TKOで下し、同級王座4度目の防衛に成功した。  また敢闘賞を受賞したのは東洋太平洋フェザー級王者の細野悟(大橋)。こちらは5月16日のV ... 続きを読む

2009年6月8日 月曜日

ニュース

内山が5月度MVP! 東日本協会選定

 8日、東日本ボクシング協会選定の5月度月間三賞が発表され、MVPには東洋太平洋S・フェザー級チャンピオン内山高志(ワタナベ)が選ばれた。内山は5月2日、世界ランカーのトーン・ポー・チョークチャイ(WBC6位=タイ)を5回TKOで下し、同級王座4度目の防衛に成功した。  また敢闘賞を受賞したのは東洋太平洋フェザー級王者の細野悟(大橋)。こちらは5月16日のV ... 続きを読む

2009年6月8日 月曜日

ニュース

クリチコ-チャガエフ戦決定!

 英国の新星デビッド・ヘイの負傷により、中止の可能性があったIBF&WBO世界ヘビー級王者ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)の防衛戦が予定通り今月20日、挙行される運びとなった。対戦者はなんとニコライ・ワルーエフ(ロシア)との試合が流れたばかりのルシアン・チャガエフ(ウズベキスタン)に決まった。 何ともあわただしい展開だ。5月30日、フィンランドで開催予定 ... 続きを読む

2009年6月8日 月曜日

ニュース

マルガリート、カムバック間近?

 1月のシェーン・モズリー戦で、バンテージに異物(石膏?)が混入されていたとして、カリフォルニア州コミッションから1年間のサスペンド処分(処分は全米に波及)を受けている前WBA世界ウェルター級王者アントニオ・マルガリート(メキシコ)。6日のバルデス-カマルゴ戦で、前座カードのセコンドを務めた彼は、ライセンス再交付が近々実現すると語っている。 「早くリングに立 ... 続きを読む

2009年6月8日 月曜日

ニュース

怪童アルバレス、北米王座守る

 メキシコのホープがまた豪快なKO勝ちを飾った。 メキシコのリゾート地プラヤ・デル・カルメンで開催されているWBC傘下のNABF(北米ボクシング連盟)の年次総会でメインファイトに抜擢されたのが、ウェルター級の次期世界王者といわれるサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ、WBC5位、WBO3位)だ。6日、ジェファーソン・ゴンカロ(ブラジル)を迎えてNABF王座の ... 続きを読む

2009年6月8日 月曜日

ニュース

バルデス、再起戦飾る

 昨年、王者・長谷川穂積に挑戦し、2回TKO負けを喫したアレハンドロ“アレックス”バルデス(メキシコ、WBCバンタム級12位)が6日、地元シウダーオブレゴンに登場。同国のヘナロ“ドゥロ“カマルゴと10回戦を行った。 8ヶ月ぶりのリングとなったバルデスがサウスポーから右ジャブを浴びせると、カマルゴは左目が腫れ、鼻血に染まる。バルデスは左ストレートでのけ反らせる ... 続きを読む

2009年6月8日 月曜日

ニュース

バルデス、再起戦飾る

 昨年、王者・長谷川穂積に挑戦し、2回TKO負けを喫したアレハンドロ“アレックス”バルデス(メキシコ、WBCバンタム級12位)が6日、地元シウダーオブレゴンに登場。同国のヘナロ“ドゥロ“カマルゴと10回戦を行った。 8ヶ月ぶりのリングとなったバルデスがサウスポーから右ジャブを浴びせると、カマルゴは左目が腫れ、鼻血に染まる。バルデスは左ストレートでのけ反らせる ... 続きを読む

2009年6月8日 月曜日

ニュース

小堀引退パーティー。今後は「とりあえず旅に出ます」

 1月にWBA世界ライト級王座を失った小堀佑介(角海老宝石)が引退を表明。7日昼、所属する角海老宝石ジムで引退パーティーを行った。 引退の理由は頚椎のヘルニア。1月のモーゼス戦後から顕著になり、再起に向けて開始したトレーニングもままならず、引退を決めたもの。 「近所の銭湯でばい菌をもらったらしい」と眼を腫らして眼帯姿の前王者は、「腕がしびれ、首もよく回らない ... 続きを読む

2009年6月7日 日曜日

ニュース

松田ダウン挽回TKOでV2

 6日夜の後楽園ホール、中川-斉藤戦のあとで行われた日本フェザー級タイトルマッチは、王者松田直樹(帝拳)が5位の上野則之(ワタナベ)に最終10回2分8秒TKO勝ち。2度目の防衛を果たした。  2回に相打ちのタイミングの右で松田がダウンを喫するスタート。松田は持ち前の力強い右ストレート、返しの左フックで挽回に出て上野に大量の鼻血を出させる。パンチをまとめられず ... 続きを読む

2009年6月6日 土曜日

ニュース

ダブルタイトル大熱戦-中川KO初防衛

 松田-上野戦とダブルタイトルマッチとして行われた日本ウェルター級戦は、チャンピオン中川大資(帝拳)が2位斉藤幸伸丸(輪島功一スポーツ)に逆転の7回TKO勝ちを決め、沼田康司から奪った王座の初防衛に成功した。  中川は防衛戦の重圧からか動きが悪かった。その隙を突いた斉藤がすばやい前後左右の動きから右クロスを当てて、4回まで快調にリードする。一方の中川は右ショ ... 続きを読む

2009年6月6日 土曜日

ニュース

亀海KO逸すも12連勝

 6日夜、後楽園ホールのダブルタイトル戦前座に出場した亀海喜寛(日本Sライト級1位=帝拳)はインドネシアのヘリ・アンドリヤントに8回3-0判定勝ちした。試合全般にわたって左ボディーと顔面へのストレートでアンドリヤントを痛め付けたが、相手の頑張りもあってストップへは持ち込めず。フルマークのスコアで支持されたホープはデビューからの連勝を12に伸ばした(10KO) ... 続きを読む

2009年6月6日 土曜日

ニュース

バスケス復帰決定 フェザー級に活路求める

 眼疾が原因でブランクをつくり、進退が注目されていた前WBC世界S・バンタム級王者イスラエル・バスケス(メキシコ)にグリーンライトが灯った。 バスケスは、いずれも激闘となったラファエル・マルケス(メキシコ)との3連戦で両目を負傷。とくに勝利を飾ったものの、第3戦で被った傷は深刻で、その昨年3月の試合以来リングから遠ざかっていた。そして当初の休暇王者扱いからベ ... 続きを読む

2009年6月6日 土曜日

ニュース

5日後楽園ホールで行われた東日本新人王予選の結果(左が勝者)L・フライ級前田健太(角海老宝石)判定 古川耕一(野口)小俣達也(新田)判定 石井達也(協栄カヌマ)金子達也(横浜光)判定 吉永潤一(国際)S・バンタム級高橋謙太(協栄)判定 堤箸弘幸(宮田)星野裕匡(ヨネクラ)KO1R 小川昂大(KS)フェザー級緒方勇希(角海老宝石)TKO3R 木村昌憲(宮田)温 ... 続きを読む

2009年6月5日 金曜日

ニュース

リナレスV1戦は6月27日メキシコで

 新型インフルエンザの影響で延期となっていたホルヘ・リナレス(帝拳)のWBA世界S・フェザー級王座初防衛戦が、6月27日メキシコで行われることに決まった。4日、帝拳プロモーションが発表したもの。相手のホサファト・ペレス(メキシコ・ライト級王者)に変更はない。会場はメキシコ、ヌエボ・ラレード市のプラサ・デ・トロス。  昨年11月、ガルシアとの決定戦を制して2階 ... 続きを読む

2009年6月4日 木曜日

11211~11220/16874件