日本語

Home > ニュース > 仲村がWBAランクイン、宮崎はL・フライ級へ
ニュース

2014年1月11日 土曜日

仲村がWBAランクイン、宮崎はL・フライ級へ

仲村がWBAランクイン(ボクシングニュース)
仲村正男

 WBAの最新ランキングが明らかになった。ミニマム級王座を返上した宮崎亮(井岡)がL・フライ級6位にランクされた。IBFのS・フェザー級6位の仲村正男(渥美)が新たにWBAのライト級15位となった。

 宮崎の返上で空位になったミニマム級王座には、暫定王者のエッキー・バドラー(南アフリカ)が昇格すると伝えられたが、今回発表のランキングでは暫定王者のままだった。

 エイドリアン・ブロナー(米)を下してウェルター級王者に就いたマルコス・マイダナ(アルゼンチン)は月間最優秀選手に選ばれた。月間優秀選手に輝いたのは、L・フェザー級正規王座決定戦を制したユルゲン・ブラーマー(ドイツ)。

 また、正規王者デニス・レベデフ(ロシア)と前王者ギエルモ・ジョーンズ(キューバ)の間でトラブルとなっているクルーザー級は、昨年一度は王座をはく奪されたジョーンズが“休養王者”に認定された。両者は昨年5月の対戦以降ずっともめており、WBAが事態を収拾できない状態が続いている。

Related

関連記事