July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Thunderstorm
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ヘビー級ホープ 14戦全KO勝ちアンダーソン 7.1元王者マーティンに相手変更

ヘビー級ホープ 14戦全KO勝ちアンダーソン 7.1元王者マーティンに相手変更

2023年6月22日 11時32分

 トップランク社の下でキャリアを進めるヘビー級王者候補ジャレッド・アンダーソン(米)の次戦の相手が変更された。アンダーソンは当初、同じく無敗のホープ、ザン・コソブツキー(カザフスタン)と10回戦を行う予定だった。しかしコソブツキーの米国入国ビザが取得困難なことで、元IBFヘビー級王者チャールズ・マーティン(米)が相手を務めることになった。試合は7月1日、アンダーソンの地元オハイオ州トレドで行われる。21日、主催のトップランク社がメディアに通達した。

 これまで14勝14KO無敗のアンダーソン(23)は4月、ニュージャージー州で行われたシャクール・スティーブンソン(米)vs.吉野修一郎(三迫)のWBCライト級挑戦者決定戦のアンダーカードで、ジョージ・アリアス(ドミニカ共和国)に3回終了TKO勝ちしたのが最新試合だ。

 ドイツを拠点にリングに上がるコソブツキー(34)は19勝18KO無敗のパンチャーだが、これまで強豪との対戦がなく、キャリアで勝るマーティンは代役とはいえ、ホープの実力測定に格好の相手と見られる。

 マーティン(29勝26KO3敗1分=37)はルイス・オルティス(キューバ)とのサバイバルマッチでストップ負けした後、昨年9月にアンディ・ルイスvs.オルティスと同じリングで再起。4月、ジェルボンテ・デービスvs.ライアン・ガルシアの前座に出場するはずだったが、相手の負傷で流れていた。

Related article
関連記事