July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

36°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 井岡&中谷の対抗王者マルティネス IBF・S・フライ級V2 前王者アンカハス復帰戦勝利

井岡&中谷の対抗王者マルティネス IBF・S・フライ級V2 前王者アンカハス復帰戦勝利

2023年6月25日 14時24分

 米国ミネソタ州ミネアポリスのザ・アーモリーで24日(日本時間25日)行われたIBF・S・フライ級タイトルマッチは、王者フェルナンド・マルティネス(アルゼンチン=写真)が挑戦者1位ジェイド・ボルネア(フィリピン)に11回29秒TKO勝ち。ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)から奪ったベルトの2度目の防衛に成功した。

 アンカハスとの連戦に続き3試合連続フィリピン人との対戦となったマルティネスにサウスポーのボルネアが距離を置いて対処。王者はボディーを叩いて対抗する。右にスイッチする場面も見せるボルネアに4回あたりからインサイドの攻防で優位に立ったマルティネスが押し気味に進める。

 それでもボルネアは6、7回に反撃。見せ場をつくりマルティネスの攻勢に待ったをかける。しかし8回から王者はボディー打ちを繰り出して再び優勢。9回、マルティネスが左フックを見舞うと挑戦者は右耳を気にする仕種を見せる。10回、連打で追い込んだ王者に両目尻が腫れたボルネアは辛うじて終了ゴングに逃げ込む。11回、マルティネスがチャージすると主審がストップをかけた。

 マルティネス(31)は16勝9KO無敗。アルゼンチン唯一の現役男子世界王座を守り、今後、中谷潤人(M.T)らライバル王者との統一戦を目指す。初黒星のボルネア(28)は18勝12KO1敗。

 アンダーカードの8回戦にアンカハスが出場。ウィネル・ソト(コロンビア)に5回TKO勝ちでマルティネス戦からの再起を果たした。Photos from Esther Lin/SHOWTIME

■S・フライ級世界王者
WBA 井岡一翔(志成)
WBC フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
WBC暫定 マックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)
IBF フェルナンド・マルティネス(アルゼンチン)
WBO 中谷潤人(M.T)

Related article
関連記事