July
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

34°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ヘビー級3団体統一王者ウシク 挑戦者デュボアと発表会見 8.26ポーランド

ヘビー級3団体統一王者ウシク 挑戦者デュボアと発表会見 8.26ポーランド

2023年7月11日 9時28分

 ヘビー級のWBAスーパー&IBF&WBO統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)vs.挑戦者WBAレギュラー王者ダニエル・デュボア(英)の発表会見が10日(日本時間11日)開催された。試合は8月26日、ポーランドのプロツワフでゴングが鳴る。

 昨年8月サウジアラビアでアンソニー・ジョシュア(英)を返り討ちにして統一王座の初防衛を果たしたウシクは、それ以来のリング登場となる。「私は世界中を旅して相手の国でファイトしてきた。今回、母国ウクライナに近いここポーランドで試合ができる。8月26日、みんながイベントを楽しんでほしい」とコメント。試合の2日前の24日はウクライナの独立記念日で、それにちなんだイベントになる。

 相手のデュボアは昨年、敵地米国でベルトを奪取し、12月にV1に成功。そのケビン・レレナ(南アフリカ)戦では初回に3度ダウンするピンチに陥ったが倒し返して3回ストップ勝ち。英国期待のパンチャーは「長い間待ち望んだことが実現する。準備はできている。彼は素晴らしいチャンピオン。でもすべてのものには初めと終わりがある」とサプライズを目指す。

 試合は会見を仕切ったウシクのアレクサンデル・クラシューク・プロモーターが入札で勝利し開催権を獲得。同氏は、ひとまず交渉が破談したWBC王者タイソン・フューリー(英)に言及。フューリーが総合格闘技UFCの元王者フランシス・ガヌー(カメルーン)とのエキシビションマッチが有力な状況に関して「WBCルールには違反していないが、ボクシングというスポーツの見地からフューリーの行動は歓迎されない。タイトルははく奪されるべきだ」とメディアに発言。交渉が締結しない4団体統一戦に揺さぶりをかけた。

Related article
関連記事