July
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

34°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ドネア王座奪回ならず サンティアゴが3-0判定勝ち WBCバンタム級王座決定戦

ドネア王座奪回ならず サンティアゴが3-0判定勝ち WBCバンタム級王座決定戦

2023年7月30日 13時52分

 ドネア老いたり……29日(日本時間30日)ラスベガスのT-モバイル・アリーナで行われたWBCバンタム級王座決定戦は4位アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)が同級1位ノニト・ドネア(フィリピン)に3-0判定勝ち。前バンタム級4団体統一チャンピオン井上尚弥(大橋=現WBC・WBO・S・バンタム級王者)が返上したベルトを巻いた。

ドネアに右ストレートを当てるサンティアゴ㊨ PHOTO/Esther Lin(SHOWTIME)

 序盤は偵察戦の様相。3回、ドネアの左フックでサンティアゴは右マブタをカットしたが、4回はサンティアゴが攻め込むとドネアの右目尻が腫れ出した。その後もシャープな左ジャブを駆使したペース争いが続く。7回に発生したヘッドバットでサンディアゴの傷は広がった。

 9回、ドネアが仕掛けたがサンティアゴは応戦。この日のドネアはあまり脚を動かさず、これは左フックのカウンター狙いの省エネ戦法にも映ったが、逆にサンディアゴのジャブを被弾する場面も多く目についた。終盤、顔面が腫れたドネアはチャージしたが、11回はサンティアゴが盛り返した。

 スコアカードは115-113に116-112が2者でサンティアゴの手が上がった。パンチスタッツではドネアが優勢だったが、終始攻撃的な姿勢を貫いたサンティアゴの勝ちに異論はない。

 返り咲きがならなかった不死鳥ドネア(40歳)は「アレハンドロに大きな祝福を。彼はタフな男だった。引き金を握っていたが、カウンターを狙い過ぎた」と清く語った。42勝28KO8敗。

 18年のジェルウィン・アンカハス(フィリピン)に続く2度目の世界アタックでベルトを獲得したサンティアゴ(27歳)は28勝14KO3敗5分。「キャンプで充実したトレーニングを行ったのが勝因。レジェンドのドネアに勝てて誇りに感じる」と涙ぐみながら感激に浸った。

Related article
関連記事