July
13
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 10.7ダブル世界戦 正規王座獲得目指す重岡兄弟にフィリピンから世界ランカーが援軍

10.7ダブル世界戦 正規王座獲得目指す重岡兄弟にフィリピンから世界ランカーが援軍

2023年9月14日 18時41分

 10月7日に東京・大田区総合体育館「3150FIGHT vol.7」でダブル世界タイトルマッチに挑むWBCミニマム級暫定王者の重岡優大とIBF同級暫定王者の重岡銀次朗の兄弟が14日、東京・五反田のワタナベジムで練習を公開した。

左からファジャルド、バイソン、銀次朗、亀田氏、優大、ズレータ

 WBC正規王者パンヤ・プラダブスリ(タイ)と対戦する優大と、IBF正規王者ダニエル・バジャダレス(メキシコ)と拳を交える銀次朗に強力な援軍が加わった。7日にフィリピンから来日したのは、元世界ランカーで2月に世界1位のユーリ阿久井政悟(倉敷守安)と10ラウンド戦ったジェイソン・バイソン、WBAミニマム級3位ジョン・ズレータ、8月に東洋太平洋L・フライ級王者となったミエル・ファジャルドの3人だ。

 町田主計トレーナーによると、バイソンは手数が多く、ズレータはテクニシャンで、ファジャルドはパンチ力が強く、それぞれ「違ったタイプでレベルが高い」とのこと。優大は「日本人選手とばかりやるより超実戦的な練習ができる」と大歓迎。銀次朗も「訳の分からないタイミングでパンチがきたりいい経験が積める」と手応えを口にした。

 重岡兄弟は3人のパートナーと連日のようにスパーリングを重ね、12ラウンド・スパーも入れて試合当日に備える。パートナーを招へいした「3150FIGHT」のプロモーター、亀田興毅氏は「2人が喜んでくれてパートナーを呼んだ甲斐がある。次の試合が楽しみ」と兄弟が正規王者になる姿に期待した。

優大とバイソンのスパー
こちらは銀次朗とズレータ
Related article
関連記事