May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

22°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 2.24両国 王者の井上拓真、階級アップの中谷潤人、4階級かける田中恒成がトリプル世界戦

2.24両国 王者の井上拓真、階級アップの中谷潤人、4階級かける田中恒成がトリプル世界戦

2023年12月14日 15時38分

 2月24日に東京・両国国技館で開催される「Prime Video Presents Live Boxing 6」はトリプル世界タイトルマッチ。延期となっていたWBAバンタム級王者の井上拓真(大橋)の防衛戦、前WBO・S・フライ級王者の中谷潤人(M.T)のバンタム級世界戦、田中恒成(畑中)の4階級制覇をかけたWBO・S・フライ級王座決定戦というラインアップとなった。

左から田中、井上拓、中谷、増田

 拓真は11月15日に予定されていたジェルウィン・アンカハス(フィリピン)との初防衛戦を予定していたが、10月下旬のトレーニング中に肋骨を負傷、試合は延期となった。

 会見で拓真は「けがしてからはイメージを崩さずに安静にして治療に専念した。動けなかった期間は1カ月くらい」と説明。これから本格的なスパーリングに入ると明かした。

 IBF・S・フライ級王座を9度防衛したアンカハスについては、あらためて「過去イチ強い強豪。パワーもテクニックもある」と評価した上で、「そういう相手を完封して勝ちたい」と決意表明。目標に掲げる4団体統一に向けて初防衛戦の勝利を誓った。

 中谷はWBO・S・フライ級王座を返上し、3階級制覇をかけてWBCバンタム級王者アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)にアタックする。7月にノニト・ドネア(フィリピン)との王座決定戦に勝って戴冠したサンティアゴは初防衛戦だ。

 ランキング1位の田中は中谷の返上したWBO・S・フライ級王座を同2位クリスチャン・バカセグア(メキシコ)と争う。田中にとっては井岡一翔(志成)に敗れて以来、3年ぶりの4階級制覇チャレンジとなる。

■2.24「Prime Video Presents Live Boxing 7」(両国国技館)
◇WBCバンタム級タイトルマッチ12回戦
王者アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)
×
挑戦者 中谷潤人(M.T)

◇WBAバンタム級タイトルマッチ12回戦
王者 井上拓真(大橋)
×
挑戦者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)

◇WBO・S・フライ級王座決定12回戦
田中恒成(畑中)
×
クリスチャン・バカセグア(メキシコ)

◇バンタム級8回戦
ジョナス・スルタン(フィリピン)
×
増田陸(帝拳)

Related article
関連記事