May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

22°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 中谷潤人あこがれのWBCバンタム級王座挑戦 3階級制覇で井上拓真との統一戦に期待

中谷潤人あこがれのWBCバンタム級王座挑戦 3階級制覇で井上拓真との統一戦に期待

2023年12月14日 16時12分

 中谷潤人(M.T)がWBO・S・フライ級王座を返上してWBCバンタム級チャンピオンのアレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)に挑むことに決まった。2月24日、両国国技館の「Prime Video Presents Live Boxing7」でトリプル世界戦の一環として挙行。

バンタム級で即世界挑戦の中谷

 中谷は前回9月の試合でアルヒ・コルテス(メキシコ)を12回判定で撃退しS・フライ級王座の初防衛に成功。同級統一戦か階級アップかの両にらみだったが、バンタム級で3階級制覇にアタックすることになった。

 「チャンピオンに挑むのは初めてなので、わくわくしています」。フライ級、S・フライ級と決定戦だっただけに、初体験となる王者との対戦に腕を撫している。また「歴史のあるWBCバンタム級であること」も中谷のやる気をかき立てる要素だ。辰吉丈一郎、薬師寺保栄、長谷川穂積、山中慎介ら個性的なチャンピオンが腰に巻いてきたベルトである。

 相手のサンティアゴは27歳のメキシカン。28勝14KO3敗5分の戦績で、今年の7月にノニト・ドネア(比)との決定戦で明白勝ちしてタイトルを獲得した。負けと引き分けもそれなりの数だが、小柄(身長159センチ)なサイズを駆使し、インファイトと中間距離のボクシングをうまく使いこなす。

 中谷(26戦全勝19KO)は「(サンティアゴは)出入りに加えてパワーもある。僕の長い距離のみならず近い距離も使い分けて戦いたい」と語った。バンタム級は中谷にとって未知の階級になるが、サイズ的にはよりフィットするはず。どんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみだ。

 「まずは目の前の一戦ですが、その先となるとやはり目標は統一戦になります」と、S・フライ級でやり残した仕事についても言及した中谷。井上拓真(大橋)がすでにWBA王者であるバンタム級がさらに熱くなりそうだ。中谷は年明けから1ヵ月の予定で恒例のアメリカ合宿を行う。

Related article
関連記事