July
18
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > WBCフライ級王者マルティネスの防衛戦延期 米国ビザ間に合わず

WBCフライ級王者マルティネスの防衛戦延期 米国ビザ間に合わず

2023年12月15日 12時59分

 今週土曜日16日(日本時間17日)米ミネソタ州ミネアポリスで防衛戦を予定していたWBCフライ級王者フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ=写真)だが、延期を余儀なくされた。理由はメキシコから米国へ入国するビザ発行が間に合わなかったと言われる。挑戦者アンヘリーノ・コルドバ(ベネズエラ)との試合は来年に持ち越された。複数のメディアが伝えた。

 マルティネスvs.コルドバはWBA・S・ミドル級レギュラー王座タイトルマッチ、王者ダビ・モレルJr(キューバ)vs.挑戦者セナ・アグベコ(ガーナ)をメインにするイベントのセミファイナルで組まれていた。

 同じリングで行われるライト級ランカー、クリス・コルバート(米)vs.ホセ・バレンスエラ(メキシコ/米)の12回戦がセミに昇格する。同日はロバート“ザ・ゴースト”ゲレロ(米)vs.アンドレ・ベルト(米)の元王者同士の10回戦も行われる。Photo by SUMIO YAMADA

Related article
関連記事