March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

8°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > recommend > 藤田健児の初タイトル戦決定 1.20ダイナミックでアンボとWBO-APフェザー級決定戦

藤田健児の初タイトル戦決定 1.20ダイナミックでアンボとWBO-APフェザー級決定戦

2023年12月20日 9時53分

 アマチュアのトップ選手からプロ転向後5連勝中(3KO)の藤田健児(帝拳)の初タイトルマッチが決定した。1月20日に後楽園ホールで行われる「WHO’S NEXT DYNAMIC GLOVE on U-NEXT」で、WBOアジアパシフィック・フェザー級王座決定戦に出場する。

初タイトル戦に出場する藤田㊨

 このタイトルは松本圭佑(大橋)が返上して現在空位。同級1位の藤田は同級2位のジョセフ・アンボ(比)と対戦することになった。アンボは13勝8KO3敗1分のオーソドックスで、今回が初来日となる。

 アマチュアで174戦ものキャリアを持つサウスポー、藤田は21年3月のプロデビュー。10月の最新試合ではジェオ・サンティシマ(比)からダウンを奪って大差の8回判定勝ちを収めた。アンボ戦前日(19日)に30歳の誕生日を迎える。勝って自らのバースデーを祝いたいところ。

 なお当日は2024年最初のダイナミックとなる。同じリングで鈴木雅弘(角海老宝石)-ロルダン・アルデア(比)のOPBFライト級再戦も行われる。世界再挑戦を狙う岩田翔吉(帝拳)-レネ・マーク・クアルト(比)のほか中野幹士、齋藤麗王(ともに帝拳)が出場。

Related article
関連記事