July
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

34°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 1.23世界ランカー戦の那須川天心 新春スパーでパワーアップを確認

1.23世界ランカー戦の那須川天心 新春スパーでパワーアップを確認

2024年1月4日 20時57分

 日本S・バンタム級7位の那須川天心(帝拳)が4日、新年最初のスパーリングを都内のジムで行った。帝拳ジムが同日発表した。那須川は23日、エディオンアリーナ大阪でWBA&WBOバンタム級14位のルイス・ロブレス(メキシコ)とボクシング転向3戦目を行う。

左からラミレス、那須川、ロペス

 初の世界ランカー戦に向け、陣営はメキシコからカルロス・ノルベルト・ロペス(19勝7KO3分=元WBCユース・バンタム級王者)、ヘスス・ラミレス・ルビオ(21勝15KO2敗3分)を招へい、両選手は3日に来日した。那須川は早速4日、両選手と4ラウンドのスパーリングを行った。

 那須川は「今回、練習の中でパワーをしっかりと上げてきて自信があるので、それを試したかった」とした上で、「体でぶつかり合っても負けないというか、押し負けない体勢もつくれたし、すごく成長を感じられた内容だったと思います」と体格のいいメキシカンを相手に手応えを感じたようだ。

 昨年4月のデビュー戦、9月の第2戦を踏まえて、「足りない場所だったり、必要なところを伸ばしてきた」という那須川。「自分自身に期待している」と話すホープが23日にどんなパフォーマンスを見せるのか注目だ。写真=帝拳ジム提供

Related article
関連記事