March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

5°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 1月MVPは鈴木雅弘 右一発でOPBFライト級王座獲得 WBO-APフェザー級の藤田健児が敢闘賞

1月MVPは鈴木雅弘 右一発でOPBFライト級王座獲得 WBO-APフェザー級の藤田健児が敢闘賞

2024年2月1日 15時14分

 東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は1日、1月の月間三賞を発表。最優秀選手賞には東洋太平洋ライト級王者の鈴木雅弘(角海老宝石)が選ばれた。

鈴木は日本S・ライト級に続き2本目のベルトを獲得

 鈴木は昨年10月に対戦、ドローに終わったロルダン・アルデア(フィリピン)とのダイレクトリマッチに臨み、初回1分22秒TKO勝ち。右一発で鮮やかに決めた勝利が評価された。

プロ6戦目でタイトル獲得の藤田

 敢闘賞には藤田健児(帝拳)が輝いた。元トップアマの藤田は空位のWBOアジアパシフィック・フェザー級王座をジョセフ・アンボ(フィリピン)と争い、最終12回にダウンを奪って大差判定勝ち。プロ6戦目で初タイトルを獲得した。

 新鋭賞は女子の中野真由美(中野サイトウ)。中野はWBOアジアパシフィック・ミニマム級王者の吉川梨優那(ディアマンテ)に挑戦し、2-0判定で競り勝った試合が評価された。 

Related article
関連記事