March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

5°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 訃報 映画『ロッキー』のアポロ役 カール・ウェザース氏逝く

訃報 映画『ロッキー』のアポロ役 カール・ウェザース氏逝く

2024年2月5日 9時48分

 名作ボクシング映画『ロッキー』でアポロ・クリード役を演じた俳優のカール・ウェザース氏が1日、ロサンゼルスの自宅で死去した。76歳。死因は明らかになっていない。リング誌などが伝えた。

 ニューオーリンズ出身のウェザース氏はアメリカンフットボールの選手として注目を集め、サンディエゴ州立大学卒業後、NFLオークランド・レイダースなどでプレーした。

 俳優に転身して1976年公開の『ロッキー』でシルベスタ・スタローン演じるロッキーの敵役、モハメド・アリをイメージした世界王者アポロを演じ、アリを彷彿とさせる蝶のように舞うフットワークやトラッシュトークを披露した。

 映画はシリーズ化する大ヒットとなり、クリードは第1作、第2作でロッキーと戦い、3作目と4作目ではロッキーのトレーニングパートナー、友人となり、4作目でイワン・ドラゴの拳であの世へ去った。

 スタローン氏はSNSで「カール・ウェザースに出会った日から、私の人生は永遠にいい方向に変わった。力を蓄えてパンチを打ち続けてください」と追悼した。 

 映画『ロッキー』の出演者は、ロッキーの義理の弟ポーリーを演じたバート・ヤング氏が昨年10月、83歳で亡くなっている。

Related article
関連記事