March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

5°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 3.12フェニックスバトル 日韓精鋭が激突 日本S・ウェルター級7位の左右田がメイン

3.12フェニックスバトル 日韓精鋭が激突 日本S・ウェルター級7位の左右田がメイン

2024年2月5日 21時51分

 大橋ジムは5日、3月12日に後楽園ホールで「フェニックスバトル111&DANAGN264」の開催を発表。「日韓戦JAPAN Battle 1」と題し、日韓新鋭が激突するイベントとなる。試合の模様はフジテレビで放送される。

 メインではキックボクシング出身の日本S・ウェルター級7位の左右田泰臣(EBISU K’sBOX)がチョー・ヨンインと8回戦を行う。その他、日本人対決の8回戦も組まれている。対戦カードは以下の通り。

3.12出陣の左右田(右)

◇日韓戦 S・ウェルター級8回戦
左右田泰臣(EBISU)×チョー・ヨンイン(韓国)

◇日韓戦 S・バンタム級6回戦
金城 隼平(RE:BOOT)×キム・ジョン(韓国)

◇日韓戦 ウェルター級6回戦
加藤大河(DANGAN越谷)×カン・ドンヨン(韓国)

◇日韓戦 ヘビー級6回戦
藤中大和(DANGAN)×キム・ジョンス(韓国)

◇フェザー級8回戦
中川公弘(ワタナベ)×殿本恭平(勝輝)

◇S・ライト級8回戦
山本ライアンジョシュア(ワタナベ)×アオキクリスチャーノ(角海老宝石)

◇ライト級6回戦
中村駿(ワタナベ)×一道宏(T&T)

◇フライ級4回戦
青井達成(RK蒲田)×トメ・マルチネス(KG大和)

Related article
関連記事