April
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 元6階級制覇王者 パッキャオのパリ五輪出場は却下 IOCが通達

元6階級制覇王者 パッキャオのパリ五輪出場は却下 IOCが通達

2024年2月19日 9時19分

 元プロボクシング世界6階級制覇王者、マニー・パッキャオ(フィリピン)のパリ五輪出場は却下─。国際オリンピック委員会(IOC)が18日、フィリピン・オリンピック委員会に通達した。ESPNなどが報じている。

パッキャオ

 それによると45歳のパッキャオは「特別枠」での五輪出場をIOCに申請した。しかし、ボクシング競技は出場選手の年齢を40歳までとする規定があり、IOCはこのルールを変更しない旨を伝えた。年齢制限は2013年に34歳から40歳に引き上げられた。

フィリピン・オリンピック委員会が申請した「特別枠」は、経済的理由などで予選を通過してオリンピックに出場することが難しい国・地域のための枠で、ESPNはフィリピンがこれに当たらないとIOCが判断したとも報じている。

 パリ五輪への出場権をかけた第一次世界予選は今月29日、イタリアで開幕。2次予選が5月にタイで開催される。

 パッキャオは21年8月、WBAウェルター級タイトルマッチでヨルデニス・ウガス(キューバ)に敗れた試合がラストファイト。昨年12月に韓国でエキシビションに出場した。一方、10年からフィリピン下院議員2期、上院議員1期を務めて、22年5月のフィリピン大統領選挙に出馬して落選している。Photo by SUMIO YAMADA

Related article
関連記事