April
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > WBAフライ級王者ユーリ阿久井 地元岡山で祝賀会開催 250人の前で初防衛誓う

WBAフライ級王者ユーリ阿久井 地元岡山で祝賀会開催 250人の前で初防衛誓う

2024年3月3日 14時40分

 岡山県内のジム所属で初の世界タイトル保持者となったWBA世界フライ級新王者、ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)の祝賀会が3月2日、岡山市中区内のホテルで開かれ、主催した阿久井の後援会員やジム関係者、地元政財界からの来賓も加えた約250人からの祝福を受けた。

 以前の試合のKO場面が会場内のスクリーンに映し出されて雰囲気が整ったなか、師匠の守安竜也会長とともに新ヒーローが堂々の入場。守安会長が「真のチャンピオンと名乗れるのは防衛を果たしてから。その目標に向け、より頑張りたい」とあいさつ。

 続いて阿久井は「このような会であらためて王座獲得の実感がわいてくるが、これからは初防衛戦のみを見据えて取り組む」と決意を披露した。どちらかといえば饒舌な阿久井にしては珍しく言葉少なめに緊張した表情で、すでに戦いのモードに入っている心情をうかがわせた。

 この後、阿久井によるミット打ちの模範演武、サイン入りグッズの当たるビンゴ大会、地元アーティストの記念ライブ熱唱などもあり、来場者を喜ばせた。

 阿久井は今年1月23日に大阪市内で、アルテム・ダラキアン(ウクライナ)が当時持っていた同王座に挑み、3-0の大差判定で新王者となった。初防衛戦は5月に東京都内が有力視されつつあり、軽めながらジムワークも再開させているという。

Related article
関連記事