April
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > “石の拳”ロベルト・デュランが心臓疾患 WBCスライマン会長「彼はこの戦いに勝つ」

“石の拳”ロベルト・デュランが心臓疾患 WBCスライマン会長「彼はこの戦いに勝つ」

2024年3月18日 9時31分

 1970年代から80年代にかけて一世を風靡した“石の拳”ロベルト・デュラン氏が心臓疾患の治療を受けているとのニュース。デュランの家族がSNSで明かした。

デュラン氏(左)。アルゲリョ氏とツーショット

 それによると、72歳のデュラン氏は心臓の房室ブロックにより合併症を患ったとのこと。家族は「彼の健康に関してさらなる情報が提供できるよう結果を待っている」、「私たちは彼のために祈ってくれる親戚、友人、サポートしてくれる人たちに感謝します」とつづった。

 WBCのマウリシオ・スライマン会長は、SNSでデュランが母国パナマで治療を受けていると明かした上で、「彼の家族は世界とともに回復を祈っている。彼はチャンピオンだ。この戦いに勝つだろう」と投稿した。 

 デュラン氏は現役時代、ライト級世界王者として12度の防衛をさせたあと、シュガー・レイ・レナード、マービン・ハグラー、ローマス・ハーンズと名勝負を演じた。ライト級時代には日本の小林弘、ガッツ石松、高山将孝とも対戦した。

 01年7月のヘクター・カマチョ戦がラストファイト。翌年に引退を発表。07年に国際ボクシング名誉の殿堂博物館の殿堂入りを果たしている。

Related article
関連記事