April
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 辰吉寿以輝の次戦発表 5.18タイのベテランと8回戦 年内の地域王座戦目指す

辰吉寿以輝の次戦発表 5.18タイのベテランと8回戦 年内の地域王座戦目指す

2024年3月26日 22時29分

 大阪帝拳ジム(吉井寛会長)は26日、所属の日本S・バンタム級11位、辰吉寿以輝(27)の次戦、S・バンタム級8回戦を5月18日、大阪市のエディオンアリーナ大阪第2競技場で行うと発表した。対戦相手はプロ50戦、41勝27KO9敗のキャリアがあるサウスポー、チャイワット・ブアトクラトック(30=タイ)。

辰吉寿以輝

 チャイワットは22年10月、現東洋太平洋S・バンタム級王者、中島一輝(大橋)と対戦、8回にボディを攻められ、TKO負けを喫したが、それまで左ストレート、右フックで2度のダウンを奪うパワーをみせた。

「これまでで、一番の強敵」(吉井会長)と強打のサウスポーに警戒感を示したが、辰吉は「サウスポーは苦手ではないところを見せる」ときっぱり。ボディパンチを効かせてKOで仕留める構えだ。すでに駒澤大出身で4勝2KOの原田海舟(ミツキ)らサウスポーとスパーリング練習を積んでいる。

 辰吉は今年中にアジアの地域タイトル獲得に乗り出すことにしており、左にも強いことを証明していく。

Related article
関連記事