April
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 米国初登場の王者グラミリアン メキシコ初のクルーザー級王者目指すラミレスとあさって防衛戦

米国初登場の王者グラミリアン メキシコ初のクルーザー級王者目指すラミレスとあさって防衛戦

2024年3月29日 12時33分

 30日(日本時間31日)ロサンゼルス近郊イングルウッドのユーチューブ・シアターでゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)が主催するイベントの最終会見が28日、同シアターで開催された。メインはWBAクルーザー級スーパー王者アルセン・グラミリアン(アルメニア/フランス)が元WBO・S・ミドル級王者ヒルベルト“スルド”ラミレス(メキシコ)と防衛戦を行う。

王者グラムミリアン(左)と挑戦者ラミレス

 米国リング初登場となるグラミリアン(27勝19KO無敗)だが、ゲンナジー・ゴロフキンのトレーナーだったアベル・サンチェス氏の下で、カリフォルニア州ビッグベアでプロデビュー当時から調整を敢行していた。「スルドは世界チャンピオンになりたいけど、まず私に勝たなければならない。だけど彼は本当のクルーザー級と対峙しなければならない」と同級進出2戦目のラミレスをけん制した。

 対するラミレス(45勝30KO1敗)はS・ミドル級王座を返上後、WBA・L・ヘビー級スーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア)に挑戦し大差の判定負けを喫した。「このウエートクラスは快適でメキシコ人初の世界チャンピオンになる。比類なきチャンピオンを目指す。みんな30日を見逃さないでほしい」と決意を語った。

 この日はユーチューブ・シアターがある「ハリウッド・パーク」とGBPが複数年のイベント開催契約を結んだことが発表された。Photo by Golden Boy / Cris Esqueda

Related article
関連記事