April
22
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > あすWBAクルーザー級戦 予想は挑戦者ラミレスやや有利 プレゼンテーターにリナレス氏登場

あすWBAクルーザー級戦 予想は挑戦者ラミレスやや有利 プレゼンテーターにリナレス氏登場

2024年3月30日 9時29分

 明日30日(日本時間31日)ロサンゼルス近郊イングルウッドのユーチューブ・シアターで開催されるWBAクルーザー級タイトルマッチの計量がロサンゼルス空港近くのホテルで29日行われた。WBAスーパー王者アルセン・グラミリアン(アルメニア/フランス)は199.6ポンド(90.54キロ)、挑戦者の元WBO・S・ミドル級王者ヒルベルト“スルド”ラミレス(メキシコ)は199.4ポンド(90.46キロ)をマーク。リミットの200ポンドをクリアした。

王者グラミリアン(左)と挑戦者ラミレス

 グラミリアン(27勝19KO無敗)は22年11月に行った防衛戦以来のリングで、それ以前にも3年に及ぶブランクがあった。ゲンナジー・ゴロフキンのトレーナーだったアベル・サンチェス氏の下で、カリフォルニア州ビッグベアで調整を行った。

 計量後「アメリカで試合ができることでエキサイトしている。ラミレスがクルーザー級に進出してくれたことで夢が実現した。判定勝ちではファンが満足しないからメキシカンスタイルでノックアウトを狙う」とコメントした。

 一方、ラミレス(45勝30KO1敗)は「ベルトをもらう。チャンピオンになる準備はできている。スペクタクルでアメージングな試合を期待してほしい」と2階級目の王座獲得に自信をみせた。オッズは2-1ほどでラミレス有利と出ている。

ホルヘ・リナレス氏が登場!

 フェイスオフの場面では元3階級制覇王者ホルヘ・リナレス氏がWBAベルトのプレゼンターを務めた。

 セミではウェルター級トップランカーだったアレクシス・ロチャ(米)がフレデリック・ローソン(ガーナ)を相手に再起戦。セミセミではフライ級上位のリカルド・サンドバル(米)がカルロス・ブイトラゴ(ニカラグア)と10回戦を行う。Photos by Golden Boy / Cris Esqueda

Related article
関連記事