April
22
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 高校選抜 JOC杯は藤木勇我と四元志桜里 中山聖也、片岡雷斗、イエシュアは高校4冠達成

高校選抜 JOC杯は藤木勇我と四元志桜里 中山聖也、片岡雷斗、イエシュアは高校4冠達成

2024年3月30日 9時13分

 年度末恒例の高校生のための全国大会、第35回全国高校ボクシング選抜大会兼JOCジュニアオリンピックカップ・ボクシング競技大会の決勝が29日岡山県の玉野市総合体育館で行われ、男子8階級、女子5階級の選抜チャンピオンが誕生した。

JOC杯に輝いた男子ライト級の藤木(右)

 MVPに相当するJOCジュニアオリンピックカップは、男子はライト級を制した藤木勇我(興国高)に、女子はバンタム級優勝の四元志桜里(日章学園高)に授与された。

 前日の準決勝でライバルの堀江耀斗(王寺工高)を制した藤木は、決勝でも松田佳大(弘前工高)を圧倒して2回RSC勝ちし、選抜初優勝を飾った。一方四元はこの日の決勝で相手を2度ダウンさせ初回46秒RSC勝ちをマークしている。

女子はバンタム級の四元にJOC杯

 男子L・フライ級の中山聖也、フライ級の片岡雷斗、ミドル級のシルバ・イエシュアはこの大会を連覇するとともに、高校の全国大会4冠目のタイトル獲得となった。中山には技能賞が、また強敵圖師安蓮に5-0判定勝ちをマークした片岡には優秀選手賞が授与された。 

 他に女子の優秀選手賞は、開催県岡山で唯一の優勝を果たしたL・フライ級長谷部桃子が、また敢闘賞はピン級の岩井大地(興国)が獲得している。以下は決勝の結果。

男子フライ級の片岡(左)は高校4冠達成

◆女子
P級 宮田ゆう(日連推薦・熊本工高)5-0判定 岡部月香(日連推薦・前橋育英高)
LF級 長谷部桃子(日連推薦・玉野光南高)5-0判定 山田月琴(九州・宇佐高) 
F級 太田彩睦(九州・高志館高)5-0判定 乙部日真里(東海・白山高) 
B級 四元志桜里(日連推薦・日章学園高)RSC1回 水上莉愛(北信越・金沢高) 
L級 秋元アリンダ(東北・青森山田高)5-0判定 堤 梨菜(九州 日章学園高) 

◆男子 
P級 岩井大地(日連推薦・興國高)5-0判定 中野凛闘(九州・日章学園高) 
LF級 中山聖也(日連推薦・東福岡高)5-0判定 村上雅喜(九州・九州学院高) 
F級 片岡雷斗(日連推薦・習志野高)5-0判定 圖師安蓮(日連推薦・日章学園高) 
B級 熊本風真(関西・西宮香風高)5-0判定 金子暖東(関東・花咲徳栄高) 
L級 藤木勇我(日連推薦 興國高)RSC2回 松田佳大(東北・弘前工高) 
LW級 大胡晴哉(関東・武相高)3-2判定 南 龍聖(北海道・札幌工高)
W級 増田龍杜(北信越・開志学園高)RSC2回 三世田颯(中国・崇徳高) 
M級 シルバ・イエシュア(日連推薦・作新学院高)RSC2回 オビジアク律樹フィレモン(四国・高松工芸高)

Related article
関連記事