May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 大阪府警出身の異色ホープ井上彪 敗れる WBO-AP・L・フライ級王座獲得ならず

大阪府警出身の異色ホープ井上彪 敗れる WBO-AP・L・フライ級王座獲得ならず

2024年4月21日 22時52分

 WBOアジアパシフィックL・フライ級タイトルマッチ10回戦は21日、大阪市の住吉区民センターで行われ、王者ジェイソン・バイソン(25=フィリピン)が挑戦者の同級10位、井上彪(25=六島)を手数で圧倒して、山中竜也(真正)から奪ったタイトルの初防衛に成功した。

井上(右)はバイソンのパワーに屈した

 バイソンは開始から右フックで井上をぐらつかせ、大振りながら力強い攻撃。井上はボディパンチから攻め込みたかったが、守勢に回らされた。バイソンは最後までスタミナを切らせずパンチを繰り出した。バイソンは12勝5KO1敗1分1無効試合。日章学園高、近大OBで大阪府警警察官を経てプロ入りした井上は初の敗北を喫し、4勝2KO1敗。

 東京農大主将を務め、社会人選手権2連覇の韓亮昊(カン・リャンホ、六島)がS・フライ級6回戦でタイ人のWBO-APランカーとデビュー戦を戦い、連打で3回1分49秒TKO勝ちした。

韓は連打でデビュー戦TKO勝ち

◇WBOアジアパシフィックL・フライ級タイトルマッチ10回戦
ジェイソン・バイソン(フィリピン)[3-0(96-94×2、97-93)]井上彪(六島)

◇S・バンタム級8回戦
山﨑海斗(六島)[TKO1回2分40秒]ジャトゥポン・ラックサーパー(タイ)

◇S・フライ級6回戦
韓亮昊(六島)[TKO3回1分49秒]スラット・イアムオン(タイ)

◇S・フライ級6回戦
犬塚音也(松田)[TKO2回2分44秒]山下陸(六島)

Related article
関連記事