June
17
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

24°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ウシクとフューリーのヘビー級4団体統一戦 少なくとも2000万人が違法視聴か

ウシクとフューリーのヘビー級4団体統一戦 少なくとも2000万人が違法視聴か

2024年5月22日 14時41分

 イギリスのデイリー・メール紙がストリーミング配信の違法視聴について興味深い報道――。それによると先週、サウジアラビアで行われたヘビー級4団体統一戦、オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)がタイソン・フューリー(英)に競り勝った試合は、少なくとも2000万人が違法ストリーミングで視聴したという。

先週末の試合から

 分析会社であるイールド・セック・フォー・メール・スポーツ社は、試合の模様が2000以上の異なる場所から配信されていた証拠を見つけたという。イギリスでは、放映権を持つスカイスポーツ、TNTスポーツ、DAZNが25ポンド(約4875円)でPPV中継したが、違法視聴で放映権者が被った損害は9500万ポンド(185億2500万円)に上ると計算した。

 メール・スポーツ社の調査は、各ストリームを1人だけが視聴しているという前提なので、実際に違法ストリーミングを利用した視聴者の数は2000万人をはるかに上回っていた可能性もあるという。

 違法ストリーミングを地域別にみると、ヨーロッパ45%、北米25%、アジア16%だった。

 DAZNはメール・スポーツの取材に対し、「被害者のいない犯罪のように見えるかもしれなが、犯罪者ネットネットワークが違法ストリーミングを提供し、視聴することによってフィッシング詐欺にあったり、個人情報が盗まれたりする危険性がある」と指摘し、違法ストリーミング視聴が危険なものであると警告している。 Photo by Mikey Williams/Top Rank

Related article
関連記事