April
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 川西友子、女子S・フライ級東洋王座V2

川西友子、女子S・フライ級東洋王座V2

2014年3月31日 2時05分

川西友子がOPBFタイトル2度目の防衛(ボクシングニュース)
右アッパーで攻める川西(左)

 OPBF女子東洋太平洋S・フライ級タイトルマッチ8回戦は3月30日、大阪市中央区の松下IMPホールで行われ、チャンピオンの川西友子(大阪帝拳)が同級3位ジュピジャン・コーラットジム(タイ)に3-0の判定勝ち、2度目の防衛を果たした。

「KOで勝ちたかったのに、すみません」。右手が上がった川西からは謝りの言葉ばかりだった。身長、リーチで大幅に上回りながら、サウスポーのジュピジャンに連打を浴びせられない滑り出し。左を突き出し距離をはかりながら攻めるが有効打が続かない展開が最後まで続いた。

「踏み込みが悪いし、パンチもばらばらでした」と反省の弁が相次いだ。左の選手とは初の対戦。「スパーリング相手がいないし、トレーナーに左で構えてもらって練習しましたが、攻略方法がつかめていませんでした。まだまだ甘いところがあるので、しっかり練習して、世界を目指します」。

Related article
関連記事