April
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

18°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 八重樫&井上、ダブル世界タイトルマッチ調印式

八重樫&井上、ダブル世界タイトルマッチ調印式

2014年4月4日 17時23分

 ダブル世界タイトルマッチ(6日、大田区総合体育館)の調印式と記者会見が4日、九段下のホテルグランドパレスで開かれた。

八重樫&井上、ダブル世界戦調印式(ボクシングニュース)
左から井上、エルナンデス、サレタ、八重樫

 WBC世界フライ級タイトルの3度目の防衛に臨む八重樫東(大橋)は「次の試合はしっかり勝つ気持ちでいる。全力で戦って、その次のビッグマッチにつなげたい」と軽量級最強の呼び声高いローマン・ゴンサレス(ニカラグア)の名前を挙げた。

グローブチェックで笑顔の八重樫

 八重樫に挑戦するオディロン・サレタ(メキシコ)は「世界は初挑戦となるが、正々堂々と戦って私のクオリティーの高さを見せたい。最後は私の手が挙がることを確信している」と必勝宣言で応じた。

 WBC世界L・フライ級王者アドリアン・エルナンデス(メキシコ)にプロ6戦目で挑む井上尚弥(大橋)はこの日も鋭い表情を崩さなかった。「まずは勝たないといけない。何が何でも勝つという戦いになる。必ず記録を作りたい」などと言い残し、会場をあとにした。

両雄を挟んで真吾トレーナー(左)とフェネク氏(右)

 5度目の防衛戦となるエルナンデスは「井上が強いということは自覚している。いままで練習してきた成果を発揮して母国にベルトを持ちかえりたい」と語った。

 試合の模様は「ダイヤモンドグローブスペシャル」として6日午後10時から11時15分(延長あり)の枠でフジテレビ系列で放送される。ゲストはWBA世界S・フェザー級王者の内山高志(ワタナベ)と五輪金メダリストの村田諒太(三迫)が予定されている。チケットは前売り券が完売。当日券は用意されているという。

Related article
関連記事