April
19
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

15°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ロマチェンコvsラッセルはGBPが落札

ロマチェンコvsラッセルはGBPが落札

2014年4月19日 15時44分

ロマチェンコvsラッセル、GBPが落札(ボクシングニュース)
ロマチェンコ
 前王者オルランド・サリド(メキシコ)の体重超過で空位となったWBO世界フェザー級王座決定戦、サリドに惜敗しプロ2戦目でのベルト獲得が成らなかったワシル・ロマチェンコ(ウクライナ=WBO5位)対WBO1位ゲーリー・ラッセル(米)の入札が18日、米フロリダ州オーランドのヒルトン・ホテルで開催された。

 結果はラッセルをプロモートするGBPが105万2500ドル(約1億740万円)を提示し、ロマチェンコを擁するトップランクが提示した105万ドル(約1億710万円)をわずかに勝り興行権を獲得した。オリンピック2連覇のロマチェンコと元トップアマ、ラッセルの対決は6月21日挙行の線で交渉が進められるもよう。

 一方、1月の対戦で挑戦者ランセス・バルテレミー(キューバ)が王者アルヘニス・メンデス(ドミニカ共和国)に2回KO勝ちを飾ったものの、フィニッシュブローがラウンド終了ゴング後だったため「無効試合」の裁定が下ったIBF世界S・フェザー級戦の入札も行われ、前回プロモートしたマイク・タイソン氏のアイアン・マイク・プロモーションズが26万ドル(約2650万円)で興行権を得ている。配分は再び王者に認められたメンデスが75%、バルテレミーが25%となる。

Related article
関連記事