April
19
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

18°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > リーチはアムナットと小野が優勢、W世界戦予備検診

リーチはアムナットと小野が優勢、W世界戦予備検診

2014年5月5日 20時20分

 7日大阪ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育館)でゴングとなるダブル世界タイトルマッチの予備検診が5日、大阪市内で行われた。IBF世界フライ級タイトルマッチに出場する王者アムナット・ルエンロエン(タイ)はリーチで挑戦者の井岡一翔(井岡)を9センチ上回った。IBFミニマム級王者の高山勝成(仲里)は挑戦者の小野心(ワタナベ)よりリーチが12センチ短かった。主な検診結果は以下の通り。

 
  アムナット 井岡
身長 163.6cm 165.2cm
首回り 34cm 34.6cm
胸囲 85.2cm 87.4cm
胸厚 20cm 20.8cm
リーチ 177.2cm 168.4cm

 

  高山 小野
身長 158cm 162.4cm
首回り 33.6cm 33.2cm
胸囲 85.6cm 79.6cm
胸厚 20.1cm 16.8cm
リーチ 158.2cm 170.2cm

 

Related article
関連記事