April
19
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

18°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 関東大学リーグ戦開幕、拓大など順当勝ち

関東大学リーグ戦開幕、拓大など順当勝ち

2014年5月10日 21時30分

 アマチュアの第67回関東大学リーグ戦が10日開幕した。後楽園ホールで1、2部それぞれ対抗戦3試合ずつを行った。1部は前年度優勝校の拓大が2部から昇格した中央大を8-1で、前年2位の東農大も東洋大を8-1で下し、上位校が好スタートを切った。

関東大学リーグ戦開幕(ボクシングニュース)
拓大と中央大の一戦から

 前年度4位の日大と同3位の駒大の対戦では、昨年の高校ボクシングで大活躍した日大の李健太(大阪朝鮮高出身)と駒大の沖島輝(東福岡高出身)がL・ウェルター級で激突。高校時代は李がライト級、沖島がL・ウェルター級のため対戦はなかったが、今回の対戦は李が3-0で勝利した。

◇1部試合結果
拓殖大学 8-1 中央大学
東京農業大 8-1 東洋大学
日本大学 6-3 駒澤大学
◇2部試合結果
法政大学 5-2 専修大学
明治大学 4-3 早稲田大学
平成国際大学 5-2 日本体育大学

Related article
関連記事