July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 渕上3回で散る WBAミドル級戦

渕上3回で散る WBAミドル級戦

2012年5月15日 19時22分

 12日、ウクライナのブロバリで王者ゲナディ・ゴロフキン(カザフスタン)の持つWBA世界ミドル級王座に挑んだ淵上誠(八王子中屋)は3回TKO負け。4月のOPBF王座防衛後に急きょ舞い込んだチャンスだったが、やはり世界の壁は厚かった。
 初回相手のパンチで右マブタを出血したサウスポー淵上は早くも劣勢。2回に右フックでダウンさせられると、3回にも倒され、最後は連打でストップされた。TKOタイムは1分17秒。4度目の防衛に成功したゴロフキンは23勝20KOと無敗記録を更新し、同級スーパー王者フェリックス・シュトゥルム(ドイツ)との団体内統一戦がクローズアップされている。淵上の戦績は19勝10KO7敗。
=PHOTO/SUMIO YAMADA=

Related article
関連記事