July
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

29°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ボスキエロがTKOで再起

ボスキエロがTKOで再起

2012年4月16日 15時40分

昨年、WBC世界S・フェザー級チャンピオン粟生隆寛(帝拳)に挑戦し、2-1判定で惜敗したイタリアン、デビス・ボスキエロ(WBC4位)が14日(現地時間)イタリア・ビチェンツァに登場。イシュテバン・キッス(ハンガリー)に2回TKO勝利を飾った。
 スタートからキッスを痛めつけたボスキエロが2回中盤、ロングレンジから右アッパーを見舞うと、ハンガリー人は上体が揺れる。マウスピースをこぼしたキッスにボスキエロは右ボディーを痛打。倒れた相手はカウント中にストップされた。タイムは2分8秒。
 粟生戦から再起したボスキエロ(30歳)は30勝15KO1敗1分。キッスは8勝4KO3敗。(記録サイト、ボックスレックは4回TKOとしている)
 同日のメインではミケーレ・ディ・ロッコ(伊)が同国のジュッセペ・ラウリに初回65秒KO勝ちで、ヨーロッパ共同体S・ライト級王者に就いている。

Related article
関連記事