日本語

Home > ニュース > 渦中の亀田興毅が会見「やることはやった」
ニュース

2014年7月9日 水曜日

渦中の亀田興毅が会見「やることはやった」

 ジム移籍問題で揺れる元世界王者の亀田興毅が9日、成田空港で記者会見を開き、現在の心境を語った。興毅は12日(日本時間13日)米ラスベガスで行われる和毅のWBO世界バンタム級タイトル防衛戦をサポートするため、取材後に同空港から米国へ向かった。

渦中の亀田興が記者会見(ボクシングニュース)
現在の心境を語る亀田興毅

 国内での活動が停止状態になっている興毅は4日、UNITEDジムへの移籍を日本ボクシングコミッション(JBC)に申請。JBCは今週中にも資格審査委員会を開き、申請を認めるかどうかの判断を下す見通しだ。成田空港での取材は、冒頭に「質問は和毅の試合に関してのみ」と制限されたが、記者の問いかけに興毅が答えた。

「スーパーフライ級で誰と試合が決まっても、しっかり勝って4階級制覇をしたい。こちらとしては(JBCに)出すものは出して、やることはやっている。移籍に関しては資格審査委員会を開いてJBCさんが決めること。帰ってきたときにいい結果が待っていたらいいと思います」

 一方、苦境に立たされている亀田家にとって、初めてラスベガスで試合をする和毅は希望の光だ。亀田プロモーションの社長でもある興毅は「ラスベガスで3兄弟がそろって世界タイトルマッチをするのが亀田家の夢。今回はその第1戦で、まずは名前を売るチャンス。和毅にはいい試合をしてもらって次につなげてほしい」と末弟に期待を寄せた。

 なお、和毅がラスベガスのMGMグランドでプンルアン・ソーシンユー(タイ)を迎えて行う2度目の防衛戦は、有料動画配信サイト「NetYouLand」で7月15日から配信される予定。詳しくはHPから。http://netyouland.jp/

Related

関連記事