日本語

Home > ニュース > カネロvsララ、MGMで最終記者会見
ニュース

2014年7月11日 金曜日

カネロvsララ、MGMで最終記者会見

 12日(日本時間13日)米ラスベガスのMGMグランドで対戦するメキシコのスーパースター、サウル“カネロ”アルバレスとWBA・S・ウェルター級正規王者エリスランディ・ララ(キューバ)の最終記者会見が9日、現地で開かれた。

カネロvsララ、最終記者会見(ボクシングニュース)
カネロの脇で熱のこもったスピーチをするララ

 主役のカネロは「ララはいわゆるビッグネームではないかもしれないが、ボクシング界ならだれもが最も危険な相手だということを知っている」とララを持ち上げた上で、「彼のスタイルはとても難しいが、私はそのスタイルを打ち破る準備ができている。この試合はタイトルマッチではないが、それは問題ではない。私は名誉のために戦う」と決意表明した。

前座も好カードがそろった

 一方のララは「キューバのスタイルはボクシングでベストのスタイルだ。我々がオリンピックで最も多くのメダルを獲得している事実を知っているだろう。このチャンスを必ずものにする」とキューバの誇りにかけて戦う決意を示した。Photos/GBP

Related

関連記事