日本語

Home > ニュース > ユース五輪出場の3選手が中国へ出発
ニュース

2014年8月14日 木曜日

ユース五輪出場の3選手が中国へ出発

 中国・南京市で開催されるユース・オリンピックのボクシング競技に出場する3選手が13日、成田空港から出発した。いずれも先の全国高校総体に優勝したフライ級の村田昴(和歌山・貴志川)、ライト級保坂剛(福岡・東福岡)、L・ウェルター級鈴木稔弘(東京・駿台学園)。

ユース五輪出場の3選手が中国へ出発(ボクシングニュース)

 17、18歳を対象としたユース五輪に出場できるのは、代表選考を兼ねた4月ブルガリアのユース世界選手権大会で好成績を残した各級上位6名ずつのエリート選手。保坂と鈴木はこの大会で銅メダルを獲得し、村田は準々決勝で敗れたものの、ボックスオフ(出場権獲得戦)で勝って資格を得ていた。ボクシング競技は23日から開始される。=写真=南京に向け出発した日本チーム。左から樋山茂監督、村田、保坂、鈴木、高見公明コーチ(日本ボクシング連盟提供)

Related

関連記事