July
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

32°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > フランプトン、キコ・マルティネスに大差の勝利

フランプトン、キコ・マルティネスに大差の勝利

2014年9月7日 12時16分

 英国北アイルランドのベルファストで6日(日本時間7日)挙行されたIBF世界S・バンタム級タイトルマッチは、挑戦者1位カール・フランプトン(英)が王者キコ・マルティネス(スペイン)に12回3-0判定勝ち。無敗でベルトを獲得した。

フランプトンがマルティネス下し王座奪取(ボクシングニュース)

 約1万6000人の観衆の声援をバックに序盤4ラウンズをリードしたフランプトンが5回、右でマルティネスを倒す。その後マルティネスが反撃する場面もあったが、終盤また挑戦者が攻勢をかけ締めくくった。スコアは119-108が2者に118-111でフランプトンが支持された。

 新王者は19勝13KO無敗。今月防衛戦を予定する同じ階級のWBA“レギュラー”王者スコット・クイッグ(英国)との統一戦を希望している。今年4月、日本で長谷川穂積(真正)を下して2度目の防衛に成功したマルティネスはV3に失敗。戦績は31勝25KO5敗となった。

Related article
関連記事