May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 山中慎介、メイウェザーvsマイダナ2を語る

山中慎介、メイウェザーvsマイダナ2を語る

2014年9月12日 0時53分

 メイウェザーに勝つスターが現れてほしい─。10月22日に7度目の防衛戦を迎えるWBC世界バンタム級王者の山中慎介(帝拳)が、13日(日本時間14日)米ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われるWBA・WBC世界ウェルター級タイトルマッチ、フロイド・メイウェザーvsマルコス・マイダナ戦を語った。

山中慎介、メイウェザーvsマイダナ2語る
メイウェザーvsマイダナ2について語る山中

2試合で105億円稼いだ!

―まずはメイウェザー選手について、どのような印象ですか?
山中「メイウェザーはスーパースターでかっこいいですし好きです。メイウェザーのボクシングが好きかと聞かれると、良さも悪さもあるので、好きでも嫌いでもないですね」
―ボクシングをあまり知らない人にも、メイウェザーを分かりやすく説明するとしたら、どんな選手ですか?
山中「圧倒的なスピードですね。あとは目の良さ。クリーンヒットをもらうのをほとんど見たことがないです。目が良くてスピードがあるからできることですね。防御の能力はずば抜けています」
―攻撃はそこまで?
山中「攻撃にも行けるんですが、あえてそこに行かないのがメイウェザーらしいですね。成績が物語っているように、負けないボクシングですね」

―今回注目なのはメイウェザーのファイトマネーですね。どれくらい稼いでいるかご存知ですか?
山中「1年間というよりも6試合で200億という契約をインターネットか新聞で見た記憶があります」
―世界のスポーツ選手の年収ランキングで、メイウェザーはこの1年、サウル・アルバレスとマルコス・マイダナ選手とやったんですがこの2試合のファイトマネーは?
山中「いや知らないです。100億近くもらっているのでしょうか?」
―105億です。
山中「105億!そこまでいくとわからないですね」
―ご自身のファイトマネーや年収と比較してみた時にどうですか?
山中「うーん、丸何個足せばいいのかわからないです(苦笑)。105億だとスポーツ選手全体でも1位ですよね?」
―ボクシングが一番稼げるというのを証明してくれているというか。
山中「確かにそうですね。それだけ稼げるのであれば、もう少し(相手を)倒しにいってほしいですけどね」
―やはりそこが気になりますか?
山中「展開的にはいつも大体一緒なので。あとはメイウェザーがどれだけ行くかという感じじゃないですか」

マイダナのパンチは1発の重みが違う

―今回の相手がマルコス・マイダナなんですが、ボクシングをそこまで知らない人に向けて、魅力をお願いします。
山中「あの攻撃力と1発のパンチの強さでしょうね。誰が見ても迫力があります。ボクシングを知らない方でもすごい!となるでしょう。マイダナのパンチって1発の重みが他の選手とは質が違う感じがします。でないと、ブローナーとの試合の時もああいう効き方はしないと思います。パンチ力がすごいですよね」
―パンチはどうですか?
山中「横から下からというのも独特ですね。真上から(パンチが)飛んで来ますからね。あのパンチは、初めて対戦したらちょっと読めないでしょう。それでもメイウェザーはどこから軌道が来るというよりも、パンチが来ると思ったら反応していたので、まともに喰らわなかった。2戦目ならもっともらわないのかなという気がします」
―第1戦目で少しクリーンヒットもありました。あの立ち上がりを見て、どう思いました?
山中「マイダナとしては作戦通りでしょうね。オープンに詰めて良い攻撃ができたので。よかったのでしょう。パンチも当たって、威力も感じたと思います。メイウェザーはそれでも反応して中から当てたりしていました。ポイントはマイダナに流れたかもしれませんが、あの1ラウンド目を見てもマイダナは難しいなと思いました」

―そのパンチの軌道など、メイウェザーに焦りはありませんでしたか?
山中「逆にロープから回って逃げようとするよりも、軌道を見ようという余裕を感じました。もしくは出られなかったというのもあるかもしれませんが。上にしても横にしても、パンチが来ると思ったら反応していました。なので、反応できている時点でクリーンヒットをもらわない。回が進むごとにさらにパンチをもらわなくなると感じました」
―メイウェザーの視点から見たら、今回の試合に関してどのような印象ですか?
山中「メイウェザーの方が初戦とは違った試合運びができるのかな。マイダナに関してはあの攻め方しかないでしょうから、メイウェザーがもっと圧力を掛けないといけないでしょう。前回の試合で、お互いが納得いかなかったというのは良かったのではないでしょうか」

記者会見からPhoto/Boxingsnene.com
メイウェザーに勝つスターが現れてほしい

―メイウェザーについて。ファイトマネーも名誉も誰もが最強と認める存在です。そこまでの存在になったにもかかわらず、37歳になった今も戦い続けています。同じボクサーから見てそのモチベーションは何だと思いますか?
山中「それは僕も逆に聞きたいですね。あれだけの地位があるので、モチベーションというのはね。まだお金が欲しいんですかね?メイウェザーにはまだ足らないんじゃないでしょうか。まだまだ戦える、魅せられるという自信があるでしょう。実際負けるような相手が出てこないですから」
―憧れる部分はありますか?
山中「なんでしょうね。ボクシングに関しては、ディフェンスだけであれだけ人を魅了するボクサーはいないと思います。攻撃にいけばまた別の魅力があります。ディフェンスの仕方にしても、すごい華麗です。人を惹きつける魅力があります」
―メイウェザーが負けるところを見たいのか、このまま活躍し続けて有終の美を飾るのを見たいとかどちらですか?
山中「メイウェザーに勝つスターが現れてほしいですね。サウル・アルバレスの時は期待したのですが、やっぱり差がありました」
―現状では厳しいと思いますか?
山中「そうですね。新たに違うスターがでてきてほしいとファン目線では思います」
―メイウェザーを困らせるとしたらどういうタイプの選手でしょうか?
山中「やっぱりマイダナみたいなタイプしか浮かばないですよね。(アミール・)カーンとかでも勝つ想像ができないし」

―マイダナは前半攻めていましたからね。あれもわざとメイウェザーが受けていたかもしれませんが。
山中「それもちょっと感じました。余裕もありました」
―視聴者に向けてこの試合のここが面白いという見どころをお願いします
山中「マイダナに関しては抜群の攻撃力で、初戦と変わらないような展開を期待します。メイウェザーに関しては、初戦よりも攻撃的にいけばもっと面白い試合になるでしょう。そう来ると思いますし、そう信じています。そうなれば盛り上がって初戦より面白くなると思います。かなり注目しています」
―山中さんが同じクラスとして、メイウェザーと戦うならどう戦いますか?
山中「どう戦えばいいですかね。数々のタイプを見てきているので、本当に難しいですね。身体に当てないと始まらないですからね。普通にやっていてもまず当たらないでしょうし」 (インタビュー/WOWOW)
次回は村田諒太選手がメイウェザーvsマイダナ2について語ってくれまます→メイウェザーvsマイダナ2特集ページはこちらからhttps://boxingnews.jp/wp/%E7%89%B9%E9%9B%86/16897/

Related article
関連記事