June
24
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 井上、再起戦は負傷で初回ドロー

井上、再起戦は負傷で初回ドロー

2011年9月24日 21時46分


24日、前日本&OPBFウェルター級チャンピオン井上庸(ヤマグチ土浦)が茨城・つくばカピオで4月以来の再起戦に臨んだが、森眞(赤城)と初回バッティングによる負傷ドローに終わった。
井上は森をロープに詰めて右ストレート。さらに攻勢をかけたところで頭が当たり、井上の左眉が切れたもの。タイムは2分22秒。
セミ8回戦は、井上のジムメイト高橋竜也が元日本王者のベテラン菊井徹平(花形)と対戦したが、クリンチを駆使する菊井の戦法に巻き込まれて0−1のドローだった。

Related article
関連記事