April
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

18°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 内山高志、河野公平、田口良一 大みそか3世界戦

内山高志、河野公平、田口良一 大みそか3世界戦

2014年10月16日 16時42分

 テレビ東京の大みそかボクシング・スペシャル「THE BEST OF BEST」の記者会見が16日、テレビ東京で開かれた。4年目となる今年は内山高志、河野公平、田口良一のワタナベジム3選手が競演。内山と河野が防衛戦、田口が初挑戦となるWBAトリプル世界タイトルマッチとして開催されることになった。会場は東京・大田区総合体育館。

内山、河野、田口がトリプル世界戦(ボクシングニュース)
大みそかそろい踏みの左から河野、内山、田口

 S・フェザー級王者の内山は同級9位イスラエル・ペレス(アルゼンチン)を迎えて9度目の防衛戦。昨年大みそかの金子大樹(横浜光)戦以来の試合となるが「世間から忘れ去られたころに試合をするので、気持ちを引き締めたい。ただ、1年のブランクに不安はない。この間、フィジカルを鍛えてきたし、気持ちが落ちることはなかった」と待ち焦がれた防衛戦が決まり言葉に力を込めた。

 対戦相手のペレスは27勝16KO2敗1分の35歳。2003年以降負けがなく、21勝17KO1分無敗の内山は「ペレスはオリンピック(2000年シドニー大会)に出ているし、アマチュアの実績は自分より上。それなりに技術があると思う」と挑戦者に一定の評価を与えるが、負けが許される相手ではない。クラス最強を証明する団体間統一戦を成し遂げるまでは、勝ち続けるしかない、とその目が語っていた。

 河野はWBAから亀田興毅との対戦指令が出たものの、興毅が国内でライセンスを更新できず、この一戦はお流れに。すったもんだの末に決まった初防衛戦の相手は、同級5位ノルベルト・ヒメネス(ドミニカ共和国)だ。

「(亀田戦の指令が出て)テンションが上がり、8月くらいに試合という話だったので、ビデオを毎日見てイメージしていた。海外で試合をするという話や、タイトルをはく奪されるという心配もあった。結局試合は流れて、この間はモチベーションが上がったり、下がったりを繰り返した。正直試合が決まってうれしい」

 いずれは興毅とやりたいかと問われ「そういう気持ちはない」と言い切った河野は、亀田の呪縛から解き放たれて、いまはヒメネス戦に集中している。

 20勝10KO8敗3分のヒメネスについては「1試合だけ見て、やりやすい相手ではないと思うけど、思い切り振ってくる選手なのでチャンスはある」と分析。最近KOが増えているチャンピオンは今回の試合も「KO? あるかもしれない」と自信を見せた。

 内山、河野の両チャンピオンに挟まれ、世界初挑戦チャンスをつかんだ田口は「昔から世界戦はあこがれの舞台なので、少し不思議な気持ちがする」と開口一番フレッシュな言葉を口にした。

 昨年日本タイトルを獲得し、初防衛戦で現WBC世界L・フライ級王者の井上尚弥(大橋)の挑戦を受けて、敗れはしたものの勇敢な戦いぶりで株が落ちることはなかった。今年7月に元IBFミニマム級王者フローレンテ・コンデス(フィリピン)にダウンを奪われながら判定勝ちし、今回のチャンスを手に入れた。

 田口が挑戦するWBA世界L・フライ級王者アルベルト・ロセル(ペルー)は同国初の世界王者。12年4月に暫定王座を獲得し、井岡一翔(井岡)のタイトル返上により正規王者に昇格した。32勝13KO8敗1無効試合のチャンピオンはキャリアで挑戦者を大きく上回るが、田口は「単調にならないように自分からアグレッシブに攻めていきたい」と持ち前の攻撃型ボクシングを前面に出してロセル攻略を成就させる意気込みだ。

Related article
関連記事