July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 山中慎介、体格でスリヤンを大きく上回る

山中慎介、体格でスリヤンを大きく上回る

2014年10月19日 17時29分

 22日東京・代々木第二体育館の「ワールドプレミアムボクシング20 The Real」の予備検診が19日、九段下のホテルグランドパレスで行われ、7度目の防衛を目指すWBC世界バンタム級王者の山中慎介(帝拳)と指名挑戦者スリヤン・ソールンビサイ(タイ)が顔を合わせた。

山中慎介とスリヤンが予備検診(ボクシングニュース)
予備検診を受けた山中とスリヤン

 リラックスムードの山中はスリヤンと笑顔で握手。「ビデオで何度も見ているので予想通り。少し顔が大きいかな?という程度」と挑戦者の印象を語り、身長で10センチ、リーチで13センチ上回っている点について「数字は気にしないが、相手は向かってこないといけないので、チャンスあると思う。もちろん気合は入っている」と自信の表情で語った。

 一方のスリヤンは「自分はだいたい、自分よりも背が高く、リーチの長い相手と試合をしてきたので、慣れているし、気にしていない」と元世界王者だけに、メディアの質問にも余裕の対応。笑顔で両拳を握り「早く試合がしたい」と締めくくって会場をあとにした。あすは記者会見が開かれる。主な検診結果は以下の通り。

    山中   スリヤン
身長  171.0cm 161.0cm
リーチ 175.0cm 162.0cm
首周り 36.0cm  39.5cm
胸囲  89.0cm  86.0cm

Related article
関連記事